2007 / 05
<< 2007 / 04 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2007 / 06 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日は姉がうちに来ました。

 家でホットプレートを使って焼肉をしました。ビールも奮発して、いつもは買わないスーパードライです。こーたも久々に姉と会って大喜び!最初に会ったときはちょっと恥ずかしかったみたいでしたが、すぐに姉に抱っこを求めたそうです。

 こーたはテンション上がりっぱなしで、寝たのは11時近く…。大人たちはその後もしゃべり続けて、12時近くに寝ました。

 今日は休みを取りたかったのですが、仕事的にもちょっと無理っぽかったです。。。奥さんと姉とこーたはみなとみらいのアンパンマン子供ミュージアムに行ってきました。そこでこーたはお菓子やらおもちゃやら買ってもらいの大喜びだったそうです。

 そして、姉と別れる際には、こーたが大泣き!姉も奥さんもその姿を見てもらい泣きしちゃったそうです。

 姉はまたしても短い滞在となってしまいましたが、次こそはもう少しゆっくりしてほしいですね~。。。


スポンサーサイト

 明日は姉がうちに来ます。仕事の都合上、またしても一泊二日の短い滞在となってしまうのは残念ですが、楽しいひと時にしたいものです。こーたもたぶん大はしゃぎすることでしょう。。。

 こーたは最近、来客大歓迎みたいで、誰かが来るたびに大はしゃぎ!お客さんが帰ると大泣きするというパターンが多いです。

 果たして姉が来たときのこーたの反応はどうなのか、今から楽しみです。


 本日カウンタが8000を突破しましたヽ(^o^)丿

 見に来ていただいている皆様には本当に感謝しています。

 こーたも来月は2歳になりますし、合唱のカテゴリも少しずつではありますが、充実してきました。
これからもこーたの成長を追いつつ、ブログを更新していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 今日は、義母がうちに遊びに来ました。こーたも「ばーちゃん、ばーちゃん」と大はしゃぎでした。奥さんの負担も少し軽くなりそうです。


 昨日は組合のレクでこどもの国へ行ってきました。一時は雨予報があったものの、この日は快晴。しかも暑かったです。この前、うちに遊びに来た後輩と待ち合わせをして出発です。去年は参加したけど、うちの奥さんは今回は不参加。つわりがまだひどいもので…。

 ということで、今回は僕にとってはちょっと試練の日でもありました。着替え、ジュース、お弁当、おもちゃを持っての出発です。

 こどもの国で歩かせようと思っていたので、最初はベビーカーで。こどもの国線に乗ったときに車窓の風景を見せようと、ベビーカーから降ろしたのですが、降りるときはもうベビーカー拒否!また歩こうともしないので、抱っこでこどもの国まで行く羽目になりました。

 レクもスタートし、ようやくベビーカーに乗るこーた(もう歩く気はない)。オリエンテーリングも順調に終了と思いきや、途中にあったロング滑り台に反応したこーた。結局、2回滑ることになりました(本人はまだ乗りたかったようですが。。。)。その後再びベビーカーを拒否したこーたは肩車でバーベキュー場まで行く羽目になりました。

 バーベキュー場に着いたものの、バーベキュー開始まではまだ時間があったので、こーたにジュースをあげて、お弁当を食べさせる事にしました。ジュースは飲んだものの、お弁当は一口も食べませんでした。。。

〈ジュースを飲むこーた〉



〈ジュースで満足!〉



 バーベキュー開始直前におむつ替え。いつの間にか、おむつの許容量を越えたおしっこが出てたみたいで、若干ズボンが濡れていたので、ズボンも替えました。バーベキュー場の男子トイレにも、障害者用のトイレにもオムツを交換できるようなスペースがなかったので、ベビーカーを障害者用のトイレに持って行ってオムツ交換でした。

 おむつ交換後眠くなったこーたを抱っこしたり、ベビーカーに乗せてうろうろしていたら眠ってしまいました。そして、バーベキュー開始。。。あんまり食べた感じがしませんでしたけど、結構飲んじゃいました。。。

〈バーベキューの最中に寝るこーた。いろんな人に激写されてました〉




 バーベキューが終わったころにこーたは起きて、いろんな人に愛想を振りまいて、レクは終了。

 後輩が飲み足りないと行ったので、うちで少し飲むことになりました。家で飲んでいるうちに僕は頭が痛くなっちゃって、早めの解散となってしまいました。後輩には非常に申し訳なかったなぁ。

 今回のレクもこーたはあまり参加したという感じはしませんでしたけど、来年はちゃんと参加させたいですね~。去年に比べて参加者が若干少なかったのは残念でしたけど。。。

 カウンターがもうすぐ8000カウントになります。このペースで行くと来週には確実ですね。大体1ヶ月ちょっとで1000カウントのペースはやっぱり、前の日記レンタルサイトよりは早いみたいです。

 本日は健康診断がありました。問診のおばちゃん医師がかなりむかつきましたけど、無事終了。結果はあんまり見たくないですね。

 そして、明日は組合のレクに参加します。こーたも連れて行くのですが、奥さんはさすがに不参加。奥さん抜きでこーたの面倒を見るのはちょっと不安ですが、何とかなるでしょう。あとはこーたの機嫌次第?天気もよくなるみたいなので、楽しみです。いいレクになるといいなぁ!


 昨日は残業で、明日は健康診断です。今日は夜の9時から何も食べられません。健康診断は、小学校のころから、毎年尿の潜血で引っかかっちゃうんですね。入院して精密検査を受けた事もあるのですが、原因がわからずじまいでした。今年もたぶん引っかかっちゃうんだろうなぁ~。

 とはいえ、潜血以外で引っかかる方が心配だったりします(特に肝機能(笑))。


 最近、つい衝動的に「トムとジェリー」のDVDを買ってしまいました。500円なのでつい買いたくなるんですね~。僕が小学生のときに夕方にテレビでやっていたのを見て、爆笑してた記憶があります。自分の中では一番のアニメだと今でも思っています。

 小学生のときに見てからもう20年近く経つわけですが、今見ても面白いですね~。こーたも爆笑はしてませんけど、よく見ています。

 今回買ったのは「音楽大好き 編」ですが、今後もいろいろと買うことになりそうです。


 今日は奥さんが産婦人科へ行ってきました。お腹の赤ちゃんは4cmほどに成長し、心臓の音もはっきり聞こえたそうですヽ(^o^)丿

 青森時代に行っていた産婦人科では、超音波検査での赤ちゃんの様子をビデオに録画してくれたのですが、今行っているところではそういうのはないみたいです(あってもたぶんお金をとられる)。

 今通っている産婦人科には託児所があって、診察している間子どもを預けることができるのですが、こーた兄ちゃんはここがたいそう気に入ったらしく、診察が終わった奥さんが迎えに来ても帰りたくなくて大泣きしたそうです。。。


 何かと予定があるようなないような週です。水曜は残業、金曜は健康診断、土曜は組合のレクリェーションがあります。でも、土曜日は天気があまりよくないらしい。

 今日は奥さんが区役所へ母子手帳を取りに行ってきました。横浜市の母子手帳は大きくてごついですね。デザインもどうだろう?前の青森市の方がずっと使いやすそうでした。明日は婦人科健診だそうです。子どもがどれくらい成長しているか、今から楽しみです。


 今日はいい天気だったので、久々に電車に乗って出かけてきました。奥さんのつわりもだいぶ落ち着いてきたようでなによりです。行ってきたのは、二子玉川。東急田園都市線に乗っているとこの駅からちょうど多摩川が見えるんですね。いつも気になっていたので、行くことにしました。

 特に何をするというわけでもなく、川を見ながらのんびりとしてました。日差しは強かったけど、風があったので、気持ちよかったです。

〈向こう岸にいる人はただひたすら石を川に投げてました〉
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/af/chorus_voyage/folder/1271516/img_1271516_47697005_0?2007-05-20

〈決してマンションの広告ではありません〉
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/af/chorus_voyage/folder/1271516/img_1271516_47697005_1?2007-05-20

〈こーたも満足でした〉
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/af/chorus_voyage/folder/1271516/img_1271516_47697005_2?2007-05-20

 帰りに高島屋に寄ってみましたが、特に何も買わずに帰宅。たまにはこういう日があってもいいですね。


 昨日でこーたは1歳11ヶ月となりました。もう来月は2歳になってしまうんですね~。

 最近はかなりヒアリング能力がアップして、親の言葉だけでなく、テレビの音声も真似るようになりました。またエネルギーも有り余っているのか、夜は10時過ぎても寝ない日が多いです(その割には、外出するとすぐに抱っこを要求してくる)。

 歯磨き嫌いも相変わらずです。何かいい方法はないものですかね~。

その他にも…
 ・家に居ても音で車を判別できるようになった(救急車、宅急便、バイクなど)
 ・僕が私服で外出すると泣き出します(自分も外に行けると思っているらしい。ちなみにスーツで出て行くと「いってらっしゃい」と言います)
 ・最近のお気に入りの食べ物は、ぶどうとグレープフルーツ

 これからもますます成長が楽しみです。

 そして、この記事がブログを立ち上げてから500個目の記事となりました!これからもよろしくお願いします。


 食器洗い乾燥機を買っちゃいました。「2人目が出来たら買う」というのが、いつの間にか暗黙の了解となり、2週間前に電器屋へ行ったときに半ば衝動的に買いました。これは楽ですね~。

 子供用のプラスチック容器も低い温度で洗える機能もついているので、これからも重宝しそうです。あとはこれで水道代が節約になるのか?今後に期待です。


 まだ先の話ですけど、今年の夏休みは9月の頭に思いっきり取ることにしました。奥さんもその頃には十分安定期に入っていると思いますし、仕事上でも特に支障はなさそうです。

 とはいえ、実家に帰るということ以外は、まだ何も考えていません。それはまた時期が来たら考えることにします。でも、そのときに転勤なんてことになったら、どうなるんだろ?


 昨日は課の男の人だけでの飲み会でした。男飲みというのは、傍から見るとキモいですが、飲んでいる人たちにとっては非常に楽しいものです。昨日もすごく飲んだし、すごく盛り上がりました。

 でもって、今日は当然のように二日酔い。へろへろ状態に加え、今日は朝の電車が遅れたため、気持ち悪さ倍増です。午前中はアクエリアスを1リットル飲み、昼過ぎにようやく回復しました。

 回復しても今日は残業だったので今度は疲れが倍増。ということで、今日はもう寝ます。コメントの返事は明日書きます。すみません。



曲目
・『誰かが時を…』(混声)
・「あらゆる草の葉には」(混声)
・『あなたが歌えと命じる時に』(女声)
・『青いメッセージ』(男声)

演奏
指揮:藤井宏樹、辻正行、吉村信良
合唱:山梨大学合唱団、クロスロード・レディース・アンサンブル、京都産業大学グリークラブ

詳しくはこちら


 当然のこと(?)ながら、男声合唱の名曲『青いメッセージ』が収録されていることが目的で購入。ただこのCDについて言えば、男声よりも混声、女声の方が完成度が高い気がする。

 『誰かが時を…』はジャケットの解説にも書いてあるように「森林浴をしているような作品」であると思う。譜面を見たわけではないが、歌い手の自由に任されるチャンス・オペレーションもあるそうだ。ジャケットにはこの曲と次の「あらゆる草の葉には」とは、「1999年1月 音楽之友社より出版予定」と書いてあるが、この項を書いている2007年の時点では出版されていない。おそらく、この先もないことであろう。ただ、僕が所有しているCDはビクター時代のものだから、価格が安くなった今の盤にはもしかしたら、違った記述があるのかもしれない。

 『あなたが歌えと命じるときに』はとてもきれいな作品だ。ただ、今のところ楽譜は受注生産のようなので、現在はなかなか演奏されない。

 『青いメッセージ』は高嶋みどりの男声合唱曲と言えばまずこの曲と言われるくらい、男声の中ではメジャーな組曲だ。コンクールでも終曲「ごびらっふの独白」が頻繁に出てくる。が、僕はなぜかまだ実演に触れていない(と思う)。ただ、コンクールで「ごびらっふの独白」のみを単独で歌うのはやはりどうかと思うのだ。他の組曲同様、この曲は全曲歌ってこそその価値があるのではなかろうか。

 このCDでの京産大グリーの演奏だが、悪くはないけど、よくもないといった感じであろうか。月並みな言い方をすれば、演奏はいいのだけれども、気持ちがこもっていないといった感じがする。が、これは好みの問題かもしれないが、僕は早稲田とかの演奏の方が好きだ。

 蛇足だが、学園グリーは昔、この組曲の5曲目「サリム自伝」を歌って、初めて全国大会のステージに乗っている。僕が学園グリーに入る5年以上も前の出来事だが…。


曲目
・『朱鷺』(女声)
・『もうひとつのかお』(混声)
・『CLANN LIR』(女声)
・『ODAE CARMINVM』(混声)

演奏
指揮:藤井宏樹
合唱:女声アンサンブルJuri、うたあい+クーネル・コエンデン、合唱団ゆうか

詳しくはこちら


 このCDは以前図書館で借りたものをMDにダビングしたものを持っていたのだが、このシリーズが安くなったのを機に買いなおしたものである。といっても、曲に対してはあんまり印象に残らないのが正直な感想だ。

 鈴木輝昭はコンクール等で頻繁に曲が取り上げられる人気作曲家なのだけれども、僕にとってはあんまり合わない感じがする。旋律よりも技巧といったイメージが強く、曲の作り方がなんとなくどこも似ている気がする。

 このCDの演奏はすばらしい。けど、印象に残らない。でも、楽譜を入手して、聞き比べたときにその良さがわかるのかもしれない。

 昨日は昔青森で一緒に働いた同僚+後輩3人がうちに遊びに来てくれました(2人は千葉で1人は神奈川)。一度にたくさんのお客さんが来た事で、こーたも大はしゃぎでした。

 ホットプレートでお好み焼きをやったところ、大好評!奥さんに感謝です。近況や青森ネタやらで時間があっという間に過ぎてしまいました。何ヶ月かに一度こういう集まりがあるといいなと思いました。

 大はしゃぎのこーたは珍しく9時前に寝てしまいました。


 去年ランドマークタワーに展示された写真が、撮影してくれた写真館のホームページに掲載されていました。

こーたも載っていますよ~! 

こちらのページから→まつむらフォトスタジオ

 今年も撮るかどうかはまだ考え中ですけど、たぶん行く事になるでしょう。まぁ、奥さんの体調次第ではありますが…。

 最近のこーたのマイブームはアンパンマンのようです。気がつけば、うちにはアンパンマンのおもちゃや服なんかがたくさんあります。テレビは一応見せるのですが、オープニングの歌以外はあんまり興味がないみたいです。ていうか、1歳ではまだ理解できませんけど…。それでも、アンパンマンが出てくると「アンパンマン!」と言っています。

 ちょっと前まで、「アンパンマン」と上手に言えなくて「アンマンマ」でしたけど、あるとき突然「アンパンマン」って言うようになるんですね~。不思議なものです。

 最近では、アンパンマンのほかにバイキンマン(こーた風に言うと「バアキンマン」)、ドキンちゃん(同じく「ドッキチャン」)のキャラクターもわかってきています。

 世の中にはアンパンマンのカレー、ミートソース、ハヤシライスとかチーズなんかも出ておりまして、それらもこーたは喜んで食べています。うーむ、アンパンマン恐るべし!


 今日は暑かったですね~。帰りの時間帯でも少し歩いただけで、もう汗だくでした。今日は仕事的には余裕で終わるはずなのですが、なぜか最後までばたばたしてましたね~。明日からもまたばたばたしそうです。

 今週末は、また以前青森で一緒に働いていて、現在千葉で働いている同僚と、4月の転勤で神奈川に来た後輩とが遊びに来ます。また青森話で花が咲きそうで、楽しみです。


 突然ではありますが、今年の11月に我が家に家族が増えることになりました。

 ゴールデンウィークに特にどこにもでかけなかったのは、奥さんがつわりで苦しんでいたというのが大きな理由だったりします。

 父親としての責務もこれから大きくなるかと思いますけど、こーたにとってはやっぱり兄弟がいた方がいいと思っています。

 これからも逐一報告していきたいと思っています。よろしくお願いします。


【合唱作品リスト】
・楽譜「Drei Lieder fur Mannerchor A Cappella」(Wolf・男声)をアップしました。

 終わっちゃいましたね~。六連以外は買い物くらいしか出かけませんでしたけど、のんびりできたのでいい連休だったかなと思います。ホームページもブログもかなり更新しましたからね~。

 今日は雨でしたので、鯉のぼりは飾らずに、かぶととともにさっさと片付けてしまいました。

 明日からは、また新しい一週間ですね。休みぼけしないように、気合を入れなおして頑張ります。



曲目(すべて男声)
・『月光とピエロ』
・『黙示』
・『阿波祈祷文』
・『アイヌのウポポ』
・『智恵子抄巻末のうた六首』

演奏
指揮:清水脩、水谷昌平、北村協一
合唱:東京混声合唱団、二期会合唱団、東海メールクワイアー、関西学院グリークラブ

詳しくはこちら


 録音がかなり古い(今から大体40年前)が、内容的にはかなり楽しめると思う。ただ『月光とピエロ』はどうかと思うが…。東京混声合唱団と二期会合唱団の男声陣による演奏だけども、一体感が感じられないものとなってしまっている。

 『アイヌのウポポ』についてもすでに解説済みなので、詳しくは避けるが、このディスクの演奏もなかなかのものだ。『智恵子抄巻末のうた六首』についても同様である。

 『黙示』『阿波祈祷文』ともに、清水脩の反戦歌として有名である。が、楽譜は現在、受注生産。僕は大学のときに『阿波祈祷文』を歌ったが、歌詞の内容が直接的でしかも阿波弁で歌うことによって、さらにその凄みが増しているように思われる。もともとこの作品は十数篇の連作となる予定だったが、作詞者が急逝したため、この1曲で終わってしまった。後に、三木稔氏が自ら作詞して、『連作・阿波祈祷文』という作品を書いている。

 『黙示』も反戦を歌った激しい曲であり、『阿波祈祷文』とセットで演奏会の1ステージとなることが多い。清水脩の作品は確かに『月光とピエロ』『アイヌのウポポ』が双璧をなし、よく歌われるけれども、こういった反戦歌も今後歌い続ける必要があるのではなかろうか。


曲目
・『優しき歌・第二』(混声)
・『三つの無伴奏混声合唱曲』
・『三つの女声合唱曲』
・『二つの混声合唱曲』
・『三つの無伴奏男声合唱曲』

演奏
指揮:田中信昭
合唱:東京混声合唱団

詳しくはこちら


 柴田南雄と言えば、『追分節考』を初めとするシアターピースの作品群が有名となっているが、このCDに収録されている初期の作品群も柴田作品を語る上では見逃せない。
 このCDを買ったきっかけはやはり男声合唱曲が収録されていることである。『三つの無伴奏男声合唱曲』の2曲目が数年前コンクールの課題曲となったが、全曲演奏したというのは最近はあまり聞かない。

 このCDで一番耳にするのはやはり『三つの無伴奏混声合唱曲』であろうか。旋律が美しく、ハーモニーもよい。柴田作品の中では割ととっつきやすいのではないだろうか。また、この曲は田中信昭氏の編曲による男声版も存在する。興味のある団は是非、挑戦してみてほしいものだ。ただ、楽譜が出版されていないので、入手は困難ではあるが…。

 このCD自体、録音が古いため今の発声に耳慣れた私にとっては、あんまりいい声でない感じがする。今の東京混声合唱団がこの曲を演奏したとしたら、かなり違った曲想になるのではなかろうか。


曲目
・『土の歌』(混声)
・『蔵王』(混声)
・『旅』(混声)

演奏
指揮:岩城宏之、田中信昭
合唱:東京混声合唱団

詳しくはこちら


 かの有名な「大地讃頌」を収録したCD。昨年、結婚式の余興でこの曲の指揮をしてほしいという依頼が来たため、急遽購入したディスクである(実際は父の容態急変のため、実現はならなかったが)。このディスクは珍しくオーケストラ版での演奏。やっぱりオケ版はかっこいい。
 さらに、「大地讃頌」のみが取り上げられて演奏されているケースが多い(全体合唱でよく取り上げられる曲のひとつである)が、やはり組曲全体として聴いた方が、この曲のよさを実感できる。

 『蔵王』『旅』ともに最近は演奏される機会が減っているような気がするが、僕の調査不足かもしれない。ただ、『蔵王』の中から「蔵王讃歌」、『旅』の中から「行こうふたたび」は、しばしば演奏されているようだ。『蔵王』は全曲演奏するには少し長いかもしれない。

 『旅』は最近、男声版も出版されたため、混声版とともに演奏される機会が増えるかもしれない。

【全体として】
 ・「なんであんなに力むのかねぇ~」
 ・「××大と○○大はハモッてなかった」
 ・「今年ほど盛り上がらない六連はない」

以上は大学名は伏せておきましたが、休憩時間に聞こえたOBと思われる方の感想です。どこの大学もOBになると現役への目は厳しいものです。僕としても全体の見た目がこじんまりした感じがしました。どこの団も新入生の確保と技術の保持が大変なのでしょうね。

 でもやっぱり男声合唱は素晴らしいです。いくらレベルが低下しても僕はずっと大学の男声合唱を応援し続けると思います。

【気になる客】
・隣のおじいさん→開演から終演までじっと腕を組んだままでした(拍手もしない)。
・必ず、パンフレットを落とす人が何人かいますね。ていうか、演奏中に落とすなって感じです。
・前に座っている奥様→演奏中に音を立てないように、飴の包み紙を開けるんですけどね。超うるさいです。ていうか、演奏中に飲食するな。

 ということで、来年も帰省しなければたぶん見に行くかと思います。今年は四連も見に行こうかな。


【立教大学グリークラブ】
「The Student Prince」(北村協一編曲)
指揮:高坂徹  ピアノ:久邇之宜

 40名ほどの演奏。数年前に明治が福永版を演奏していたが、今回は北村版。最初のソロを聞いたときに個人の力量が落ちたかなと感じてしまいました(自分も昔同じ部分を歌ったので)。僕は前々からミュージカルものを演奏するには多少動きが必要と言ってきたが、今回の立教は見事それを実現してみせた。まぁちょっと機械的な動きではあったし、もっと大胆さがあってもいいかなとは思いましたけど、僕としては十分満足のいくものでした。演奏終了後、不覚にも涙してしまいました。ブラボーです。


【早稲田大学グリークラブ】
「お兄さんといっしょ♪」(大竹くみ編曲)
指揮:星☆雅貴(学生)  エレクトーン:平山喜子

 60名くらい(?)(途中で人数が増えたり減ったりしたのでよくわからない)。いやー、すごいものを見せてもらいました。彼らの言う「究極のエンターテイメント」を見事に体現した演奏でした。ここまでできるのはやはり人数がなせる業でしょうか。こちらもブラボー!四連が楽しみです。


【東京大学音楽部コールアカデミー】
「Encores for chor」より
指揮:有村祐輔

 12名による演奏。ここ数年ルネッサンスものなど中世の古典音楽を演奏していたのだが、今回は現代曲のコミカルなアレンジの曲を4曲演奏。なかなか楽しめる内容でしたが、ソロがちょっと緊張しすぎかな。


【合同ステージ】
「海の構図」(中田喜直/福永陽一郎編曲)
指揮:佐藤正浩  ピアノ:前田勝則

 合同の割にはうまくまとまっていました。「海の構図」は生で聞くのは初めてでしたけど、聞いているとなんだかオリジナルが男声のような気がしてきます(オリジナルは混声)。アンコールは「オペラ座の怪人」から1曲。編曲はおそらく指揮者本人によるものかと思われます。

その3に続きます。



2007年5月4日 東京芸術劇場大ホール 17:00開演

 当初はあまり乗り気ではなかったのですが、急遽行くことにしました。開場の10分前に到着。当日券も余裕で手に入りました。僕が六連に足を運んだのが今回で4回目です。4回も来ているけど、何回来ても自分にとって四連とか六連は憧れの存在なんですね~。嫌でも気分が高まります。

 16:00開場。僕の記憶では開場前は入り口に多少行列ができていたような気がしていたのですが、今年は特にそうした光景は見られませんでした。入場と同時に昨年のライブCDを購入。座席は2階席の一番後ろでややテナー寄り。自分にとってはほぼベストポジションです。とはいえ、開演10分前になっても空席が少し目立つ。

【エール交歓】
 各団の今年の出来はここで判断する人も多いはず。

 〈法政〉
 上級生の人数が少なくて一年生も乗っているようでしたが、その割にはエールの最初が決まっていました(ここ数年では珍しい?)。

 〈慶應〉
 学指揮が超気合入っていて熱のある演奏。でもパート内でのばらつきが少し目立ったか。

 〈明治〉
 一時期の生声っぽい発声からはとりあえず脱却したようだが、まだまだ発展途上の感がありました。

 〈立教〉
 いい声なんだけど、声がいまいち前に飛ばない。

 〈早稲田〉
 こちらも気合入りまくり。数年前の透き通った発声から、また昔に戻ったという感じがします。でもエールは早稲田が一番かな?

 〈東大〉
 単独ステージはいいのに、エールは決まらない東大。今回も最後は決まったけど、途中がね…。


【法政大学アリオンコール】
「Etudes for Chorus」(間宮芳生)
指揮:田中信昭

 8名による演奏。まず気になってしまったのが、入場してくる団員の譜面の持ち方。僕が大学のころは「譜面は左手でぶら下げない」と厳しく言われたものだが、ここまで上級生が少なくなると厳しく言う人がいなくなってしまうのだろうか。
 演奏は、間宮氏作曲の「コンポジション」シリーズを歌うための練習曲。指揮者田中信昭氏の解説を交え、時には自ら打楽器を演奏しながらの演奏。でもエールよりは声が前に出ていたし、5度を演奏するエチュードはしっかり決まっていたので、今後これに磨きをかければ、さらに伸びるであろう。あとは、より多くの新入生をゲットしておきたい。


【慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団】
「五つのラメント」(廣瀬量平)
指揮:関野祐平(学生)

 30名程度の演奏(だったかな?記憶が曖昧ですみません)。この曲に関しては僕は44回四連の早稲田のイメージがすごく強いんですよね~。だからどうしてもそれを思い出しながら聞いちゃうんですけどね。でも、今年のワグネルはベース系がいいです。低音がしっかり鳴ってます。テナー系がちょっとそれに溶け込んでない感じがしました。後はちょっと気合入りまくりで、全体的に力んだ演奏になってしまったのが残念。肝心の最後がうまくハモってなかったです。


【明治大学グリークラブ】
「シューベルト男声合唱曲集」
指揮:外山浩爾  ピアノ:小林功  アルトソロ:栗田真帆

 20名程度の演奏。明治もかなり減っちゃいましたね…。2年前に聞いたときは、全然声楽的な声ではなくて生声に近くて残念だったのですけど、今回はかなりしっかりしてきました。ハーモニーもまずまず。あとはやはりドイツ語はもう少しシビアに発音した方がよいかと思います。それとアルトソロを消さないよう配慮が必要かと…。

ここで休憩です。その2に続きます。



 本日は子どもの日です。うちの子供は最近かなりわがままになってきましたし、自分の思いどおりに行かないと怒ったり、泣いたりと親の手を焼く場面が増えてきました。でもすくすく育っていることがなによりですね。写真のかぶとは僕が子どものときに買ってもらったものです。まさか、自分の子どものために飾る事になろうとは思ってもみませんでした。

〈こちらは鯉のぼり。父の最後の孫への贈り物です。〉
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/af/chorus_voyage/folder/1271607/img_1271607_47315362_1?2007-05-05

〈今日のこーた。2カット〉
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/af/chorus_voyage/folder/1271607/img_1271607_47315362_2?2007-05-05
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/af/chorus_voyage/folder/1271607/img_1271607_47315362_3?2007-05-05

〈奥さんがこの日のためにケーキを作ってくれました。〉
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/22/af/chorus_voyage/folder/1271607/img_1271607_47315362_4?2007-05-05

 夜は母が作って送ってくれた手羽先(こちらも僕が小さいときから食べていた定番メニューのひとつ)に、奥さんが作ったちらし寿司+サラダでごちそうとなりました。

 ゴールデンウィークもあと1日。でも明日は雨みたいなので、家でゆっくりすることになりそうです。


曲目
・『落葉松』(女声)
・『前奏曲』(混声)
・『優しき歌』(混声)
・『九州民謡によるコンポジション』(女声)

演奏
指揮:木下保、小林秀雄、伊藤栄一、古橋富士雄
合唱:日本女子大学合唱団、東京カントライ、東京放送児童合唱団

詳しくはこちら


 小林秀雄は混声や女声の曲は結構出版されているけれども、男声合唱はほとんどなく、また楽譜も出版されていないので、私にとっては縁が遠い作曲家である。それでも、このCDを買ったきっかけは、やはりCDの単価が安くなったことと、よく耳にする『落葉松』『優しき歌』、楽譜は持っているけど音源がなかった『前奏曲』を収録していたことである。

 『落葉松』は小林秀雄の代表作とも言うべき名作だ。特に終曲は何回聴いてもいいくらい美しい。僕はこの作品を大学のときに藤女子大の演奏を聞いたが、やはり印象に残ったのは終曲であった。ちなみにこのCDの終曲のソロは作曲者の奥様。僕はこの曲であれば、ビブラートは必要ないと思うのだが…。

 『優しき歌』も好きな曲のひとつ。このディスクの演奏も見事だ。

 先に書いたとおり、この作曲家とは縁が遠いのであんまり詳しく書けません。でもこのディスクはいいですよ。

miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。