2008 / 11
<< 2008 / 10 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2008 / 12 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は入籍6周年の記念日です。結婚6周年は鉄婚式なのだそうで、私たち夫婦もようやく金属となりました(*^_^*)

 本日は、ボジョレーヌーボーとポークステーキでお祝いしました。クリスマスツリーも飾りつけして、こーたは大喜びです。

 結婚した当初は今の光景などまったく想像できませんでした。来年はどんな光景になっているのか楽しみです。


スポンサーサイト

 休日も朝からあわただしい我が家です。歩行器に入れても必ず脱出して、朝食が並んでいるテーブルに手を伸ばしてくるわたるに家族みんなてんてこ舞い。なんとかならないものかと、日々頭を悩ませているところですが、本日わたる自らがその解決策を示してくれました。


〈片足を出すのがポイントのようです〉



 この方法だとしばらくおとなしかったし、ご飯もちゃんと食べてくれました。でも結局は脱出してしまいましたが…。また何か方法を考えなければなりませんね。というよりか、おとなしくごはんを食べてほしいものです。


〈こーたはずっとおとなしかったです〉



 こーたは少し前まではひとりであまり上手に食べられなかったのですが、最近はかなり上手に食べられるようになってきました。でもまだまだですけどね。

 家族4人で食卓を囲む風景はまだまだ先のようです。

 本日またひとつ年をとりました。気持ちはまだまだ20代なのですが、実際のところはもう立派な30代です(汗 

 今夜のパーティーでは、こーたはわたるのときのように誕生日の歌は歌ってくれませんでしたが、大きな声で「おめでとう!」と言ってくれました。わたるもかなりのハイテンションでした。

 今は子どもたちは寝てしまい、静かなひと時を過ごしています。33歳の1年もいい1年にしたいと思っています。
 


 パナムジカのホームページを見たところ、在庫表が新しくなったようなので、そろそろ楽譜を注文しようと思っています。

 私が所有している楽譜はもう8割方は、ホームページにアップされておりますが、CDやMDはまだまだ道半ばです。ロクにアップもせずに買ってばかりなのです(この前もバッハ・コレギウム・ジャパンの10枚組みを買ったばかり…)。

 というわけで、今後はCDの購入は極力控え、楽譜のホームページアップをほぼ完璧にし、CDも順次アップしていく予定ですが、今のペースだと完成までどれくらいかかるのかさっぱりわかりません。気長に見守っていただけると幸いでございます。


 無事1歳となったわたるですが、最近少し食生活が変わってきました。離乳食として毎日おかゆだったのが、最近は普通のごはんも食べるようになり、多少大人が食べるものも普通に食べるようになってきました。

 今日の夜ご飯は、「煮込みラーメン」だったのですが、わたるを歩行器でおとなしくさせるために、煮込みラーメンの麺をわたるにあげてみたところ、かなり夢中になっていました。また、最近のお気に入りのひとつは「みかん」。こちらはなくなると怒られます…。

 相変わらず、食べる量は半端じゃありませんが、おかゆからごはんになったことで、いつの日か家族4人で食卓を囲む光景が少し近くなった気がします。


【合唱作品リスト】
・楽譜「Domine, non sum dignus」(Victoria・男声)をアップしました。

 今週の金曜日に私は3×回目の誕生日を迎えます。さらに今度の日曜日は結婚6周年と、11月の我が家は何かとイベントが多いのです。

 一応、誕生日プレゼントとして、奥さんからパソコンをやるときに座る椅子を買ってもらいました。とはいえ、家に届くのは次の土曜日なので、今から楽しみです。

 今日はあんまりネタがないので、この辺で。。。



曲目
・「Passionsmotetten(受難曲モテット)」
・「Johannes-Passion(ヨハネ受難曲)」

演奏
指揮:当間修一
合唱:大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団

詳しくはこちら


 今をときめく合唱団のひとつである、大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団による、ハインリッヒ・シュッツの曲目の演奏。この合唱団によって、ハインリッヒ・シュッツの名が広まったのは紛れもない事実だろう。「受難曲」といえば、バッハの方が圧倒的に有名だが、シュッツのア・カペラでソリストと合唱だけで進行していくこの受難曲も私にとっては非常に興味深い。

 この合唱団の発声とアンサンブル能力は、是非とも多くの合唱団が参考にすべきだと思っている(あくまでも参考だが)。僕はこの合唱団のCDは極力購入することにしているし、機会があれば演奏会にも足を運びたいものだ。シュッツの曲も一度この合唱団が演奏するのを生で聴いたことがあるが、何だか「生」に対しての喜びに満ち溢れたような演奏だったことを記憶している。

 僕はまだまだ勉強不足で、シュッツに対してはあまり語れない。この先いつになるかはわからないが、シュッツの作品も少しずつ集めていきたいものだ。

 少し早いですが、実家の母からのクリスマスプレゼントということで、フードプロセッサーを買ってもらいました(実際にはお金を出してもらって、昨日電子ピアノと一緒に買いました)。

 フードプロセッサー等の調理家電も最近の技術の進歩は目覚しいものがありますね。僕が青森にいたころに会社の忘年会のビンゴ大会でジューサーが当たったことがあるのですが、なんだかうまく活用できず、2,3回使用して結局処分してしまったという記憶があるので、いささかフードプロセッサーなるものには抵抗がありました。

 今日の晩ごはんはこのフードプロセッサーを活用して、久々に私が厨房に立ったのでございます。普段からあまり料理をしない私ですが、今日は思い切ってハンバーグを作ってみました。材料をすべてフードプロセッサーにいれ、稼動させると、ものの1分ほどでハンバーグの種ができてしまうのには驚きでした。


 おそるべし、フードプロセッサー。。。



 さらに中の刃物の部分を入れ替えれば、キャベツの千切りも、ものの数十秒でできてしまいました。


 おそるべし、フードプロセッサー。。。



 ついでに、梅干・酢・みりん・砂糖を合わせれば、ものの数秒で梅ドレッシングの完成。


 おそるべし、フードプロセッサー。。。


 ということで、あっというまにハンバーグ定食の完成でございます。とてもおいしくて、奥さんもこーたも大満足のようでした(わたるはまた今度ね)。作ったものを喜んで食べてくれると、すごくうれしいですね。

 これからは、このフードプロセッサーを活用して、数少ない僕のレパートリーを増やしたいものです。


 今日は電器屋へ行って、念願の電子ピアノを買いました。かなり前から欲しかったのですが、なかなか買おうという気が起きないし、それよりも必要なものが多くて買えませんでした。が、今回こーたがピアノ教室に通いだしたのが、きっかけとなり、ボーナス前倒しで購入ということになりました。

 最近の電子ピアノはかなり音もよくなったし、鍵盤のタッチもアコースティックなものにかなり近づいていますね。しかも、その割りに値段もお手ごろになってきたと思います。

 家にはまだ届いていないのですが、かなり楽しみです。僕も時間を見つけて少し練習しようかと思います。



 11月20日、わたるが無事1歳となりました。早いですね~。ほんの1年前は、こわれそうな感じだったのですけど、今は立派な自由人へと変貌を遂げています。

 さて、20日の日は思い切って午後から有給を使って休みました。とはいっても、もともと夕方からパーティーを予定していたので、横浜駅で少し時間をつぶしましたが…。

 帰りには予約していたケーキと一升餅を買いました。家に帰ると、パーティーを前に興奮している第二の主役・こーたが、ケーキと餅を見るなり我が事のように大喜び! あの~今日の主役はわたるなんですけど…。毎日3時のおやつを食べているのですが、それを忘れるほど興奮してたらしいです。

 さらにこーたを興奮させていたのが、実家から届いた2つのダンボール、私の母と祖母からわたるへの誕生日プレゼントが入っているわけですが、当然(?)自分のものが入っていると思い込んでいるこーたにとっては、開けたくてしょうがなかったようで、奥さんも「パパが帰ってきてから!」とたしなめられる始末。

 さてさて、ようやくパーティーの開始。子どもたち二人は空腹を我慢できなくて、かなりがっついていました。ケーキに立てた1本のろうそくもこーたががんばって消してくれましたし、誕生日の歌もこーたは元気いっぱいで歌ってくれました。

 とはいえ、豪華な食事が並んだ食卓をわたるが気にしないはずがなく、食卓をぐちゃぐちゃにしたいわたる。さらに先にがっついて早々と満腹になり、プレゼントの開封を要求するこーたに、親たちはゆっくり食事をしながら思い出にひたることもできませんでした(~o~)

 というわけで、急いで食事を済ませ、さっさと料理を下げた後は、いよいよわたるの一升餅。一升の餅を背負って歩くことで、一生食べ物に困らないように願う行事のひとつなわけですが、まだひとりで立てないわたるは餅を背負ってもきょとんとして全く動かず!って。

 こーたのときと同様、カタカタ鳴る手押し車をやらせたところ、見事に歩きました!ちなみにこーたのときは見事に歩いたのですが、自分に起こった出来事が理解できずに泣きました。

 ここでお待ちかねのプレゼント開封です。7割方わたるのものなのですが、一部こーたのも入ってました。とはいえ、こーたにはあんまり関係ないかも…。

〈親からは木琴をあげました(音階があまりよろしくない)〉




〈洋服、靴もたくさんいただきました〉




〈アンパンマンのおもちゃ。わたるのなのですけども~〉




 記念写真や手形・足形も取りたかったところですが、親たちには異常な疲労感あったので、こちらは後日。

 なんだかいろいろと大変な感じがしましたけど、いいパーティーでした。わたるがこれからも健やかに成長しますように…。

 本日は残業でした。本当は、昨日のパーティーの模様を書きたかったところですが、さすがに疲れましたので、明日こそ書きます!

 明日から3連休です。年賀状のデザインなんかもそろそろ考えたいところですね。あとはこーたのピアノレッスンもあります。先週は仕事で行けなかったので、今回はまたどれだけ進歩しているのか、楽しみです。


 本日めでたくわたるが1歳になりました。今日は午後から休暇をとって、早く帰ってパーティーの準備でした。

 パーティーはそれはそれは盛り上がり、まるで主役が2人いるみたいでした(^_^;)

 詳しい話はまた明日します。久々に写真も掲載する予定です。


 先日、石油ストーブとわたるの話を書きましたが、その後いよいよ寒くなってきたので、ガスストーブが稼動を始めました。ガスストーブは点火するかなり前からリビングに置いておいたせいか、わたるは特にこれといった興味を示しませんでした。

 作戦勝ちです(^。^)

 そのかわり、加湿器は何度もたたいて材質を確認したり、本体を倒して水をこぼしたり、何度もボタンを押したりして楽しんでいるようです(ちなみにチャイルドロックがあるので誤作動はありません)。

 今日でわたるの0歳も終りです。明日からは1歳なんですね~。時が経つのは早いものです。


 あと2日でいよいよわたるが1歳になります。我が家では着々と誕生会の準備が進行中です。こーたの1歳の誕生日のビデオを見ながら、当時はどんな感じだったかを検証。

 部屋もいろいろと飾り付けをしたり、プレゼントを用意したりと、あさってはいい誕生会になりそうです。

 そんな中、わたるの誕生会のはずなのに、なぜか異常にテンションがあがっている男がひとり。

 そう、こーたです!

 壁に「わたるくん1さいのおたんじょうびおめでとう」と書いてあるのを見て、こーたは『「こーたくん1さいのおたんじょうびおめでとう」って書いてある』と言う始末。

 奥さんが「こーたは3歳でしょ?」と言うと今度は『「こーたくん3さいのおたんじょうびおめでとう」って書いてある」

 って、あなたはもう3歳なんですけど…(ーー;)

 というわけで、あさっては自分の誕生会が開かれると思っているこーたでした。果たしてどうなることやら…。


 今日は会社が休みでしたし、いい天気でした。

 ということで、こーたの七五三のお参りに行ってきました。お参りといっても、羽織・袴を着て、千歳飴を持って記念撮影!なんて豪華なものではなく、本当にお参りだけなのです。というのも、いろいろ調べたり、人に聞いたりした結果、男の子であんなに派手にやるのは5歳のときが一般的みたいなのです(地域によっては3歳でも派手にやるところがあるそうです)。

 というわけで、神社まではバスで行ってきました。こーたも久々のバスに大喜び!神社に行くと、かわいい着物を着た女の子や羽織・袴の男の子などがちらほらおりました(ちなみに今日は大安)。

 お参りも早々に済ませ、記念撮影をした後、帰りのバスを待っていたのですが、到着予定から10分ほどしてもバスが来なかったため、電車の駅まで歩いていきました。ところが、電車は一駅しか乗らなかったため、こーたの不満がここで爆発!

 「おりない~」を連発し、以降家に着くまでこのぐだぐだは続きました。。。

 でも、今回は行ってよかったと思います。2年後、羽織・袴を着たこーたを想像するのが、今から楽しみです。



曲目
・「Etude for Chorus」(間宮芳生)
・「おまえの声は花粉になる」(間宮芳生)
・「海をみている」(北爪道夫)

演奏
指揮:桑原妙子、千葉敏行、雨森文也
演奏:マルベリークワイア、合唱団Palinka、Cantus Animae

詳しくはこちら


 間宮芳生といえば「コンポジション」シリーズなのだが、このディスクにはそのシリーズが収録されていない。

 とはいえ、「Etude for Chorus」はコンポジションシリーズを歌うための練習曲だ。練習曲といっても曲としての完成度は演奏会の1ステージを十分に構成できる内容だと思う。数年前に法政大学アリオンコールがこの曲集の何曲かを抜粋して、指揮者の田中信昭氏の解説つきで演奏していたが、10名に満たない少人数にもかかわらず、よくまとまった演奏であったと記憶している。

 「おまえの声は花粉になる」は東北学院大学グリークラブの委嘱による作品。パーカッションを伴うが、聞いていて面白い作品だと思う。ただ、世の中に広く楽譜が出回っていないために、今後も演奏されるかは大いに疑問に感じる。ひいてはなぜ「21世紀の合唱名曲選」がセットで売られるのも、個人的にはかなりの痛手だ。

 この曲を演奏している合唱団Palinkaは私も青森時代にお世話になった合唱団のひとつで、Palinkaの一員として合宿に参加し、コンクールのステージに立ったことがある。指揮者の千葉氏の教え方もユニークで非常にためになった。あのときの合宿は私にとっては忘れられない思い出のひとつだ。いつの日かまた、Palinkaの演奏を聴きたいし、ステージにも立ってみたいものだ。このディスクでの演奏も千葉氏の思いが伝わってくる演奏だと思う。

 北爪道夫作曲の「海をみている」は残念ながらあまりインパクトがない。ただこの曲に関しては楽譜が出版されて出回っているので、演奏機会はこれから増えそうだ。僕がこの曲を評価するにはもう少し時間が必要だ。

【合唱作品リスト】
・CD「21世紀の合唱名曲選 15 間宮芳生/北爪道夫 作品集」をアップしました。

 今日は雨がぱらつく一日でした。買い物に少し外に出ただけで、ほとんど家の中におりました。でもやらなければいけないことはあまり片付かず…。

 久々に、こーた・わたると一日を過ごしました。子どもってやっぱりいいものです。

 夜はこーた・わたると3人で入浴。いつもは大体、ひとりづつ入れることが多いので3人で入るのは、かなりの冒険です。とにかく二人の体を冷やさないように、二人の体を洗い、かつ自分の体も洗うのはなかなか至難の業です。

 それでもなんとか全員の体を洗い、いざ浴槽へ。3人で風呂に入ると狭いことこの上ないのですが、家族というものを改めて実感できますね。でもやっぱり子ども二人の同時入浴はまだまだ大変だ~。


 長かった1週間もようやく終了。でももう眠いのです。今日は久しぶりに子ども二人と風呂に入りました。こーたは今日2回目のピアノレッスンで、かなりの上達が見られたとのこと。行きたかったなぁ~。

 明日、あさっては休みなので、ゆっくりしたいところですが、子どもたちがそうさせないでしょうね~。たっぷりと遊んでやりたいと思っています。


 本日も残業でございました。明日も出勤です。今日も帰ったら、こーたはすでに寝ていました。最近、あんまり絡んでないなぁ~。わたるもおかゆを食べて、ミルクをあげたらあっという間に寝てしまいました。こちらもあんまり絡めてない感じです。

 あと1日出なければならないのですが、なんだかもう休みな気分です。。。


 今日はいつもより早く帰ってきたのですが、この時間でもうぐったりです。家に帰ってきた時、こーたは早々と寝ていたのですが、さきほど起きてきて今は海苔巻きをたくさん食べております(@_@;)

 この宴いつまで続くのでしょうか。。。親は眠いっす。


 毎週土曜に通っているこーたのピアノレッスンですが、先週は宿題が出ました。手のひらを紙の上に置いて、手のひらの形に沿って鉛筆でなぞっていくというものですが、3歳の子どもにはまだちょっと難しいみたいです。

 一応、手のひらの形にはなるのですが、指が異常に太い!でも親バカなので、手のひらの形になっただけでもベタ褒めなんですけどね。何回か練習していくとだんだんうまくなっていきます。ちなみにわたるもお手伝い(というか、邪魔なのかもしれませんが)。今はとにかく、お兄ちゃんがやることが気になってしょうがないみたいです。


 横浜も朝晩ようやく寒くなってきました。我が家では現在、石油ストーブが稼動中です。毎年使っているガスストーブもそろそろ使いたいと思っているのですが、ガスストーブにとってはわたるという最大の難敵がいるのです。

 石油ストーブを出した当初、わたるはそれほど興味を示さなかったため、「これはいける」と思ったのですが、次の瞬間、ストーブをバンバン叩いて材質を確認した後、吹き出し口へ指を入れようとしました~(;O;)

 石油ストーブよりも軽いガスストーブだとどうなっちゃうんでしょ?こーたのときに吹き出し口ガードを買ったのですが、こーたのときはガードをつかんでガスストーブそのものを動かすという技を見せただけに、わたるはその上をいく荒技をやってのけるかもしれません(+o+)

 ということで、まずはガスストーブを稼動させずに部屋の風景と同化させる作戦を現在実行中。はたしてどうなることやら…。


【合唱作品リスト】
・楽譜「Ave verum」(Saint-saens・混声)をアップしました([Saint-saens混声合唱曲集]に収載)

 昨日の日本シリーズは悔しかったですね~。おかげで飲みすぎなくて済みましたが…(汗

 今週1週間は土曜まで仕事が入り、残業が続くという激務の一週間となりそうです。その他にも会社へ提出しなければいけない書類もあれば、現在開発中のシステム(こちらは特に期限は定められてはいませんが)も早期の完成を目指さなければいけません。

 まぁ、とにかく体を壊さないようにがんばります。


【合唱作品リスト】
・楽譜「Ave Maria」(Szymko・男声)をアップしました。


曲目
・「あいたくて」(女声)
・「子猫物語」(混声)
・「鳥のために」(混声)
・「風の夏」(混声)

演奏
指揮:松下耕、大谷研二、樋本英一、八尋和美
合唱:女声合唱団ANGELICA、東京混声合唱団

詳しくはこちら


 音楽之友社のセット物「21世紀の合唱名曲選」の中の一枚。現在、若い人を中心に人気のある作曲家の一人である、松下耕の作品集だ。このうち、「子猫物語」と「風の夏」はこれまで一部だけしか音源を所有していなかったので、このディスクを入手できたのはうれしい。ただ、2曲とも楽譜は持っていない。。。

 この中の「鳥のために」はアカペラで30分近くかかる大曲だ。アカペラで30分近くかかる組曲というのは珍しいのだそうで、僕の記憶では千原英喜氏の男声合唱曲「東海道中膝栗毛」が同じくらいの規模の合唱曲だ。「鳥のために」の演奏はこの他に豊中混声合唱団によるライブ録音を所有しているが、やはりライブ盤の方が、熱気を感じられる。

 松下作品はもう何枚もCD化されているし、楽譜も数多く出版されている。これだけ人気のある作曲家なので、是非とも耕友会合唱団あたりに全集としてCDを出してほしいものだ。

【合唱作品リスト】
・CD「21世紀の合唱名曲選 13 松下耕 作品集」をアップしました。

 こーたのピアノレッスンも今日から本格スタート。とはいえ、今日は20分コースにするか30分コースにするかも検討するため、実質はまだ体験とあまり変わらないかもしれません。

 前回の体験以降、ほとんど毎日こーた相手にそれとなく復習。とはいえ、楽譜もないので、とりあえず「1の指=親指」なんかを教えました。

 今日は雨降りでしたが、こーたはピアノが弾きたくてたまらない様子。わたるは朝ごはんの後に寝てから、すぐに起きての出発だったため、やや不機嫌。でも、外に出てからは、世の中を研究しておりました。

 さてさて、レッスンでこーたは親も先生も驚くほどの進歩を見せたかと思えば、ただ大きなピアノを弾きたくてたまらずにぐちゃぐちゃ弾いたり、母親とリズム遊びをしようとしても急に甘えだしたりと、それはまぁ、あっという間の20分でした。30分はさすがに集中力が持たないので、しばらくは20分コースに決定。今日は先週のように帰る時にグダグダになりませんでした(^^♪

 今回は教材の購入もありましたので、家でも多少の練習が可能となりました。また、宿題も出ましたので、親も家で楽しんでできそうです。


miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。