2010 / 03
<< 2010 / 02 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2010 / 04 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日の飲み会は何事もなく終了しました。2次会参加者が少なかったのは、少し残念でした。二日酔いにはなりませんでしたが、今はもう眠いです。
 
 今日は朝から宿舎には引越しのトラックが続々と来ていました。5年前は自分もそのひとつだったと思うと、何だか不思議な気持ちです。
 
 明日から4月ですね~。毎年4月は忙しいのですが、今年も忙しくなりそうです。

スポンサーサイト

 今日は会社の課の飲み会です。4月の人事異動では自分の所属課ではそれほど人の動きはありませんでしたが、4月からは仕事内容が何だかいろいろ変わるみたいです。今年度は自分の中でいろいろと手を広げすぎた感じがあったので、4月からの来年度はほどほどにやっていきたいなと思っていますけど、さてどうなることやら…。
 
 とにかく、今日の飲み会もほどほどに…。いければいいなぁ

 先週土曜に行われた学園グリー東京組の飲み会は神田でありましたので、その前に先日リニューアルされたヤマハ銀座店へ行ってきました。以前よりも高級感が増した感じがしますね。合唱絡みのものは楽譜もCDもすべて2階になりましたので、便利になりました。品揃えはそれほど変わった感じはしませんでしたが、豊富であることは変わりありません。
 
 1時間ほど物色して、CD2枚とNコン課題曲を購入。その後山野楽器でもCDを購入して、飲み会に参加でした。ホームページで紹介していないCDがまた増えてしまいましたが、できるだけペースをあげて少しずつ紹介していきたいと思います。

 最近我が家では、マックへ行く頻度が増えてきました。原因はハッピーセットについてくるおもちゃです。前回、「ドラえもん」のおもちゃで大いに満足したこーたでしたが、今回はNHK教育で放送されている「ぜんまいざむらい」のおもちゃということで、CMを見た途端、欲しいと言い出しました…。まさにマクドナルドの思う壺にはまってしまったわけです。
 
 とはいえ、前回のドラえもんも今回のぜんまいざむらいも子ども達は結構遊んでいたので、とりあえずはいいのかもしれません。でも、この頻度でマックに行くとなると、いくら安いとは言えども、家族4人だと金額もバカにできません。次回以降は子ども達の興味のないキャラクターでお願いしたいものです。。。

今日は、学園グリー関東支部の飲み会がありました。2008年9月に演奏会があったのですが、もうあれから1年半近く経ったんですね~。

時が経つのは早いものです。とにかく楽しかったですね。自分とは一回り以上離れた先輩とも久々にお会いしたのですが、とにかく熱いものを感じました。

僕はまだまだ子育てと仕事に手いっばいですが、負けていられないですね。いつかはこのメンバーでもう一度同じステージに立ちたいものです。

 今日からいよいよプロ野球セリーグの開幕ですね。ブログにも何度か書きましたが、僕は子どもの頃からずっと巨人ファンです。親が巨人ファンでしたから、自然とそうなったのです。
 
 僕の出身地北海道は今は、日本ハムファイターズが本拠地としており、道民から大いに支持されています。日ハムも好きなチームですが、日ハムは僕が青森で働くようになってから本拠地として移動してきたので、今ひとつファンとなりきれず。。。
 
 「青森=東北」ということで楽天かというと、楽天が誕生したときはすでに横浜に転勤となっていたわけで、こちらもファンとは言えません。
 
 では横浜にいるのだから、ベイスターズファンかといわれると、やっぱり昔から応援していた巨人ということになってしまうんですね~。うちの会社には熱烈なベイスターズファンが結構いるので、巨人ファンとはあまり大きな声では言えません。。。
 
 家族でプロ野球観戦をしてみたいところですが、子ども達はまだ野球には関心がないみたいなので、すぐ飽きてしまいそうです。

 学生時代に友人から格安の値段で買ったポータブルMDプレーヤーがついに壊れてしまいました
 再生専用のものではなくて、録音やタイトル編集もできる多機能なもので、昔はこれにマイクをつけて、グリーの練習を録音したものです。
 
 壊れたといっても本体そのものが壊れたわけではなく、付属のACアダプタのコードが切れてしまったのです。もう10年以上昔のものですので、同じものはもう売ってない。ネットで調べていると「マルチACアダプタ」といって、いろいろなものに対応できるACアダプタがあると知り、早速電器屋へ行ってみましたが、このポータブルMDプレーヤーの規格に合うものがありませんでした。。。
 
 それでは代わりのものをと思ったのですが、今の電器屋にはポータブルMDプレーヤーを売っている店は少ないようで、あるとしても1種類のみのようです。もっともこの1種類の機能はすぐれているようで、MDのデータをパソコンにWAVE形式で保存できるらしい。これを使えばiPodにもデータを転送できそうな感じです。
 
 ただ、このMDプレーヤーは値段が3万以上するんですね~
 とりあえず、MDのタイトル編集はミニコンポでできるので、しばらくはそれで我慢します。

 昨日4月1日付けの人事異動の内示が下りました。僕は昨年9月に異動があったので、今回は異動なし。自分の課は多少人の入れ替えがありますが、上司は全く異動なしでした。これから送別会なんかが続きそうですが、体調には気をつけたいものです。
 
 横浜に来てから4月で丸5年となりました。長いようで短い感じがします。仕事面では4月からも、今までと変わらずがんばっていきたいものです。

 三連休最終日はとてもいい天気でしたので、電車に乗って新江ノ島水族館へ行きました。現在、新江ノ島水族館は神奈川県民(もしくは職場が神奈川)であれば、入場料が半額になるとのことで、行ってみたわけです。
 
 ところが、実際に着いてみると、入り口には半端じゃないくらい人がいて、入場するだけでも何十分も待たされる様子。水族館を楽しみにしていたこーたを何とか説得し、せっかくここまで来たから、江ノ島まで歩いていくことにしました。
 
 江ノ島には初めて行きましたが、江ノ島神社へ行く道のりはなんとなく京都の清水寺へ行くみたいな感じでしたね。我が家と同じように水族館をあきらめて江ノ島神社へ行く人がたくさんいたようで、こちらもすごい人でした。子どもたちはここでおもちゃを買ってもらい、水族館のことはすっかり頭から離れてしまった様子。帰りは江ノ島駅まで歩いて、江ノ電に乗って帰りました。
 
 横浜では桜が開花しましたね。来週はお花見がメインとなる週末となりそうです。


 
曲目
・未来
・『王孫不帰』よりⅠ
・『IN TERRA PAX(地に平和を)』より
ほか
 
演奏
指揮:高嶋昌二
合唱:淀川工業高等学校グリークラブ、メンズ・ウィード
 
 
 
 高校の男声合唱団は大学や一般とも同様、非常に少ない。そんな数少ない中でも際立っているのが、広島の崇徳高等学校グリークラブとこのディスクの淀川工業高等学校グリークラブであろう。淀川工業というと、吹奏楽を思い出す方も多いと思われるが、男声合唱でも輝かしい実績を残している。
 
 このディスクは1996年から1998年にかけて行われた定期演奏会の模様を抜粋したものとなっている。ライブ録音だけに、多少のいわゆる「傷」がつきものではあるが、演奏の質はどれも一定の水準をクリアしていると思われる。ちなみに、もうひとつの合唱団「メンズ・ウィード」とは淀工グリーのOBによる合唱団で、こちらも過去にコンクールの全国大会に出場している。
 
 このディスクの中間部では、いわゆる「面白ソング」を男声合唱に編曲したものがあり、会場を大いにわかせている。CDで聞いても十分に楽しめるし、笑える内容だ。
 
 ただひとつ、このディスクで残念だったのは、この合唱団の委嘱作品である『IN TERRA PAX(地に平和を)』(荻久保和明・作曲)を全曲収録していないことだ。このディスクでは3曲目と4曲目が、後に発売された「ファイト!Ⅱ」では2曲目が収録されている。せっかくの委嘱作品で、これだけの演奏をやってのけるのであれば、是非とも全曲収録を!、と願うのは私だけだろうか?
 
 ともかく、淀工グリーにはもっと日本の男声合唱界を盛り上げて欲しいと切に願っている。

 一昨日から三連休ですが、一昨日も昨日も特に遠出をせず、ほとんど近場で用を済ませました。風が強かったり、気温があんまり上がらなかったりしたので、いまいち春になりきれていない感じがしますね。
 
 それでも昨日は家の周りを歩いていると桜が咲いているのを見つけました。近所の公園では、池にもうアメンボがいましたし、タンポポなんかも咲いてました。
 
 今日はいい天気ですが、気温があまり上がらないみたいですね。でも、三連休の最後なので少し遠出をしようと思っています。


 
曲目
・『五つの日本民謡』
・『五つのルフラン』
・『山田耕筰による五つの歌』
・『唱歌の四季』
 
演奏
指揮:関屋晋
合唱:晋友会合唱団
 
 
 
 関屋晋が指揮する団体が合同で演奏する「晋友会合唱団」による演奏。このクオリティの高さで、三善晃編曲の民謡や唱歌を聞けるのはまさしく贅沢な一枚だ。ただ残念なことにこのディスクは現在入手困難になっているようだ。是非とも、再発売を望むところだ。
 
 このディスクでは男声合唱による『五つのルフラン』を収録しているのがうれしい。『ルフラン』は昔楽譜を入手するのにかなり苦労した記憶がある。重版になってもあっという間に受注生産になってしまった印象がある。この曲集では終曲の「椰子の実」が大好きな編曲。いつかは演奏してみたい曲のひとつだ。
 
 そのほかの曲も十分魅力的だ。『五つの日本民謡』は難曲のイメージがあるが、そつなくこなしているし、『唱歌の四季』も申し分ない。『山田耕筰による五つの歌』はこのディスクでは女声合唱によるもので、透明感あふれる美しい演奏だ。
 
 晋友会合唱団は主にオーケストラとの協演が多く、指揮者の関屋晋が亡くなった後も活動を続けているようだが、オケとの協演だけでなく、こうした合唱曲の演奏も聴いてみたいものだ。
 

 こーたは昨日一日入園でした。幼稚園に行くのが楽しみでしかたない感じです。今の幼稚園は3年保育が主流のようで、うちみたく2年保育にするところは少ないし、募集もそれほどしていないみたいです。
 
 奥さんが見てきた話だと、こーたはもうノリノリで歌を歌ったり、お話を聞いたり、元気にお返事をしていたとか。ちょっとずつ大人になっていくのは、うれしくもあり寂しくもありますね。
 
写真は先月千葉にイチゴ狩りに行った時の写真です。家族みんなでかなり満喫してきました。また行きたいところのひとつです。
 

 

 今うちの子供たちはドラえもんにはまっています。こーたは最近、アニメを見てストーリーが理解できるようになってきているようで、よくゲラゲラ笑っています。わたるは録画したドラえもんを一日に何回も「ドラえもん、みる~」と言って、親にニュースを見せようとしません
 
 かくいう僕も昔はかなりドラえもんにはまりました。マンガはだいたい見ていましたし、アニメもよく見ました。映画はあまり見ませんでしたけど、初めて映画館で見た映画はドラえもんでした。
 
 今新作映画が公開されており、こーたもなんとなく気になっているみたいです。親としては連れて行ってやりたいところですが、何分親自身も映画館にはあまり足を運んでいないし、子ども達が映画館の雰囲気に圧倒されてしまうかもしれないので、最後の一歩が踏み出せない状況です。とりあえず、今日の夜テレビの3時間スペシャルのなかで、昨年の映画を放送するようなので、それを見せて判断したいと思っています。

 久方ぶりのブログです。何度も書いていますが、なかなかブログを書く時間が確保できず、しばらく更新をかなりサボってました。そうこうしているうちにYahoo!ブログも記事の投稿画面が変わり、絵文字や画像も簡単に設置できるようになったみたいです
 
 4月からこーたが幼稚園へ行くので、今は入園準備の真っ最中です。子ども達が寝静まってから、奥さんは体操着入れやらコップ入れの製作に、僕はクレヨンやらお道具箱なんかの名前付けにてんてこまいです
 
 こーたが行く幼稚園は結構厳しいところらしく(他のところもそうかもしれませんが)、トイレとかも独りでしなければいけないし、昼食も箸オンリーだそうなので、こーたは今その練習の真っ最中です
 独りでトイレに行ったり、食事の時に箸を上手に使えるようになって少しずつ大人に近づいてくると、ちょっぴり寂しくなりますね。


曲目
・『三つの時刻』
・『王孫不帰』
・『クレーの絵本 第2集』
・『縄文土偶』
・『いのちのうた』
・「へんしんのうた」

演奏
指揮:高須道夫
合唱:クール・ジョワイエ


詳しくはこちら


 合唱界ではもっとも人気のある作曲家のひとり、三善晃の男声合唱曲のみを集めたディスク。「三善晃=難曲」というイメージが以前からあるが、このディスクでは難曲中の難曲と言われる『王孫不帰』が収録されている。

 クール・ジョワイエは昔、コンクールでの全国常連団体であり、数々の名演を残している。現在はコンクールには参加していないようだが、ジョイントコンサートなどで積極的に活動を行っているようだ。

 このディスクはどれも難曲揃いで、上記『王孫不帰』のほかにも委嘱作品である『いのちのうた』も連弾ピアノを用いており、聞く限りでは難曲なか感じがする。とはいえ、こうした難曲に積極的に取り組み、無難にこなしているところにジョワイエのすごさを感じる。

 残念ながらこのディスクは現在在庫切れとなりつつあるようだ。男声合唱ファンであれば、必携の一枚のひとつと言えるだろう。

 今日は結婚式を挙げてから丸7年となる日でした(我が家では入籍した日を「結婚記念日」、結婚式を挙げた日を「結婚式記念日」と呼んでいます)。

 気がつけば、7年も経ったんですね~。奥さんと二人で昔の写真とか見たのですが、あのときのことが昨日のことのように思い出されます。当然ですが、あの時はこーたもわたるも欠片も存在していないと思うと、年月の経過を感じてしまいます。

 新婚旅行は東京をいろいろ周ったのですが、今はその近くに住んでいると思うと何だか不思議な気分です。しかも、新婚旅行で周った場所を今は子ども達と一緒に行っているということも摩訶不思議です。


miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。