2017 / 04
<< 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
曲目
・『北極星の子守歌』(新実徳英)
・『懐かしいアメリカの歌』(湯浅譲二)
・『東京混声合唱団愛唱曲』(若林千春)
 
演奏
指揮:山田和樹
合唱:東京混声合唱団
 
 
 東京混声合唱団の創立50周年を記念してリリースされたものの1枚。愛唱曲を収録したもので、指揮は山田和樹氏による。山田和樹氏は昨年ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝という快挙を成し遂げており、今期待の若手指揮者のひとりとして注目されている。
 
 その山田氏の指揮のもとで東混は洗練された響きとなっていて、非常に聞きやすい。若林千春氏の愛唱曲は是非、他の合唱団にも歌ってもらいたい演奏してもらいたい編曲だ。そういう意味ではこのディスクは絶好の模範となるものだろう。
 
 他の『北極星の子守歌』『懐かしいアメリカの歌』もともにCDとなるのは初だと記憶している。『北極星の子守歌』は新実徳英が作曲したメロディーに谷川雁が詩をつけるという従来とは違った手法で生れた『白いうた 青いうた』53曲の中から8曲を選んで混声合唱に編曲したものだ。まさにこのディスクのジャケットにも書かれているとおり、「平成の唱歌」として今後も歌い続けてほしいものだ。
 
 『懐かしいアメリカの歌』も今から20年以上前に編曲されているものだが、今聞いても古い感じがまったくしない。このディスクをきっかけに広く歌われてほしい。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。