2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
曲目
・未来
・『王孫不帰』よりⅠ
・『IN TERRA PAX(地に平和を)』より
ほか
 
演奏
指揮:高嶋昌二
合唱:淀川工業高等学校グリークラブ、メンズ・ウィード
 
 
 
 高校の男声合唱団は大学や一般とも同様、非常に少ない。そんな数少ない中でも際立っているのが、広島の崇徳高等学校グリークラブとこのディスクの淀川工業高等学校グリークラブであろう。淀川工業というと、吹奏楽を思い出す方も多いと思われるが、男声合唱でも輝かしい実績を残している。
 
 このディスクは1996年から1998年にかけて行われた定期演奏会の模様を抜粋したものとなっている。ライブ録音だけに、多少のいわゆる「傷」がつきものではあるが、演奏の質はどれも一定の水準をクリアしていると思われる。ちなみに、もうひとつの合唱団「メンズ・ウィード」とは淀工グリーのOBによる合唱団で、こちらも過去にコンクールの全国大会に出場している。
 
 このディスクの中間部では、いわゆる「面白ソング」を男声合唱に編曲したものがあり、会場を大いにわかせている。CDで聞いても十分に楽しめるし、笑える内容だ。
 
 ただひとつ、このディスクで残念だったのは、この合唱団の委嘱作品である『IN TERRA PAX(地に平和を)』(荻久保和明・作曲)を全曲収録していないことだ。このディスクでは3曲目と4曲目が、後に発売された「ファイト!Ⅱ」では2曲目が収録されている。せっかくの委嘱作品で、これだけの演奏をやってのけるのであれば、是非とも全曲収録を!、と願うのは私だけだろうか?
 
 ともかく、淀工グリーにはもっと日本の男声合唱界を盛り上げて欲しいと切に願っている。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。