2017 / 04
<< 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・「原爆小景」
・「火の夜」
・「カザルスのために」
・「星めぐりの歌」

演奏
指揮:林光
合唱:東京混声合唱団

詳しくはこちら


 2001年6月、林光の代表作ともいえる『原爆小景』が「永遠のみどり」を加えることによって完結した。このディスクはその翌年に行われた東京混声合唱団の演奏会の模様のライブ録音である。

 『原爆小景』は合唱界の中ではかなりメジャーな曲であると思われるが、東京混声合唱団が毎年8月に作曲者自身の指揮で演奏される以外は、それほど他の合唱団が取り上げる機会が少ないように感じられる。やはりテーマが重いのと難曲であることが大きな壁となっているのだろうか。

 かく言う私もこのディスクを聞くまでは、『原爆小景』をちゃんと聞いたことがなかった。1曲目「水ヲ下サイ」を昔コンクールで高校生が泣きながら歌ったという伝説(未確認)をちらっと聞いたくらいだった。

 このディスクを聞いてみて、『原爆小景』は確かにすごい曲だと感じたが、私の心を激しく揺り動かすものではなかったと思う。やはり実演に触れないとこの曲の本当のすごさはわからないのかもしれない。幸いにもこの曲は毎年定期的に演奏されているので、いつかは実演に触れてみたいものだ。

 他の3曲については、残念ながらいずれも楽譜が出版されていない。印象に残ったのは『カザルスのために』で、林光と寺嶋陸也の二人による極上のピアノと合唱の盛り上がり方が見事。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。