2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『橋上の人』
・『確かなものを』
・『心の四季』
・『心象スケッチ』
・『稲作挿話』

演奏
指揮:辻正行、辻秀幸、辻志朗
合唱:大久保混声合唱団

詳しくは[http://www.geocities.jp/mizuno_tkm/cdnhokatakataog2.html こちら]


 辻正行氏による高田三郎作品全曲の録音という大掛かりな企画が誕生したのだが、辻正行氏が帰らぬ人となったため、氏本人による録音はこのディスクにおける『橋上の人』と「水汲み」が最後となってしまった。

 企画自体は現在も遂行中のようで、混声編が終了。個人的には男声編の早期録音も実現してほしい。

 このディスクの購入に際しては、『心象スケッチ』のなかの「水汲み」が全日本合唱コンクールの課題曲になったことが、動機の第一だったと思う。大久保混声合唱団の実力は折り紙つきなので、安心して聞ける。資金に余裕があれば、全種類そろえたいものだ。

 演奏については、辻正行指揮による『橋上の人』がやはりぬきんでていると思う。一音一音が重厚でまさに渾身の演奏だ。それ以外では『心の四季』が模範的な演奏で推薦したい。辻正行氏のご子息たちにもその魂みたいなものが、しっかりと受け継がれているように思う。

スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。