2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『山に祈る』
・『月光とピエロ』

演奏
指揮:若杉弘、清水脩
合唱:同志社グリークラブ、東京混声合唱団、二期会合唱団

詳しくはこちら


 以前ビクターより発売されていた「日本の合唱名曲選」全20巻の中の一枚。ちなみにこのシリーズのほとんどは後年発売された「日本合唱曲全集」に収録された。どうせなら全部移行してほしかったなぁ。

 このディスクの収録曲のうち、『月光とピエロ』は日本合唱曲全集に移行され、現在も入手可能である。また、『山に祈る』は日本合唱曲全集には移行されなかったものの、のちにビクターより引き継がれた日本伝統文化振興財団からリリースされた「合唱ベストカップリング・シリーズ」に収録された。

 ちなみにこの「合唱ベストカップリング・シリーズ」は過去に発売された東芝EMIの「合唱名曲コレクション」とビクターの「日本合唱曲全集」に収録した曲目のなかで、双方に収録された曲目を1枚のCDにしたシリーズ。どうしても東芝の音源を欲しい人がしょうがなく買うようなシリーズだが、この『山に祈る』だけは東芝音源もビクター音源も入手困難だっただけに、これだけは購入の価値があるのかもしれない。

 さて、このディスクについてだが、『山に祈る』が特にいい演奏で、録音の古さをあまり感じさせないものとなっていると思う。この曲はこのディスクでは1トラックで収録されているが、「合唱ベストカップリング・シリーズ」ではトラック分けされているようだ。とにかくこの音源が現在も容易に入手可能なことがうれしい。

 もう一曲の『月光とピエロ』は、作曲者自身の指揮とは言え、かなり厳しい演奏だ。声楽家を集めた合唱はこうなのだと思わされてしまう。『月光とピエロ』の演奏で言えば、ジョバンニから出ているなにわコラリアーズの演奏をお勧めしたい。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。