2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『虚無の未来へ』
・『邪宗門秘曲』
・『ELEGIA』
・『島崎藤村の詩による二つの女声合唱曲』(現在は『春二題』)
・『仏の見たる幻想の世界』
・「鴎」(管弦楽版)

演奏
指揮:当間修一
合唱:大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団
管弦楽:シンフォニア・コレギウム大阪

詳しくはこちら


 現在でも国内で人気の高い作曲者の一人、木下牧子の作品のみを演奏した模様のライブ録音。ライブ独特の緊張感と当間+シュッツ室内合唱団の絶妙なハーモニーを聞くことができるが、曲目がややマニアックかと思うし、曲の難易度も全体的に高め。

 管弦楽を伴うものもあるし、『仏の見たる幻想の世界』はダブルコーラスだから、演奏会プログラムで取り上げるのにも相当の覚悟がいることと思う。逆にいえば、これだけのプログラムを一度の演奏会プログラムに入れてしまう大阪コレギウム・ムジクムの実力には本当に頭が下がる。

 木下牧子ファン、コアな合唱ファンには是非、お勧めの一枚だ。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。