2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・Hototogisu (Tamulionis)
・Hymne(Sibelius)
・Helletsused(Tormis)
・『縄文』(荻久保和明)
ほか

演奏
指揮:松原千振、荻久保和明ほか
合唱:早稲田大学グリークラブ

詳しくはこちら


 2007年に100周年を迎えた早稲田大学グリークラブの記念演奏会と、過去の歴史的名演を2枚のディスクに収めたCD。初回生産盤が完売してしまい、あわてて購入した記憶がある。

 100周年記念演奏会は、「Hototogisu」(Tamulionis)、「音楽」(荻久保和明)、「帆船の子」(多田武彦)の3曲の委嘱初演と、100周年記念委嘱作品である「この道を行く」(小田和正)が収録されている。さらに、ワセグリでなければ演奏できないような、作曲者指揮による『縄文』が収録されており、すばらしい演奏だ。

 歴史的名演集には最初期の演奏から、『七つの無伴奏男声合唱曲』(小倉朗)の初演、福永陽一郎指揮による『祈りの虹』(新実徳英)などが収録されている。

 この『祈りの虹』の演奏は、昔大学の先輩からカセットテープをもらって聞いて以来、僕の中でのベスト演奏となった。これを越える演奏はいまだにないし、これからも出てこないだろうと思うくらいの衝撃を受けた。その演奏がCDとなって世に出たことをとてもうれしく思っている。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。