2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『雨ニモマケズ』(鈴木憲夫)
・『祈祷天頌』(鈴木憲夫)
・「姉ねお鶴」(鈴木憲夫)
・『方舟』(木下牧子)
・「春に」(木下牧子)

演奏
・指揮:当間修一
・合唱:大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団

詳しくはこちら


 実力ある合唱団による人気合唱曲の演奏ということで、かなり話題となったディスクだ。ただ僕はこのディスクの次に発売された「永訣の朝/おらしょ」の方を先に購入したため、このディスクを聞いた時の印象はそれほど強烈ではなかった。でも、うまい演奏であることには変わりはない。

 鈴木憲夫の作品はこれまであまりCD化されたものが少なく、あったとしても20万近くもするセットものの中に収録されているとかであったため、このディスクでの鈴木作品はとてもうれしい。『祈祷天頌』は僕が大学1年か2年のときに、北大混声合唱団が演奏していたと記憶しているが、当時は男声合唱オンリーだったため、あまり印象がない。でも、今こうして聞くとスケールの大きい魅力的な曲だったのだなぁと思っている。この曲は男声版にも編曲されたので、是非とも楽譜出版及びCD化を節に期待する。

 木下牧子の『方舟』は「超」がつくくらいの有名・人気作品なので、この実力派合唱団による録音は非常にうれしい。終曲の「方舟」は少し盛り上がりに欠ける感じがするが、ハーモニーの美しさや透明感はさすがである。

 このディスクは2009年5月現在、完売ということで入手しずらいディスクとなってしまった。ジョバンニあたりから、是非再発売を期待したいところである。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。