2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『中勘助の詩から』
・『東京景物詩』
・『雪と花火』

演奏
指揮:伊東恵司
合唱:同志社グリークラブ、なにわコラリアーズ

詳しくはこちら


 レパートリーの多様化などによって、最近演奏される回数が減ってきたような気がする多田武彦作品であるが、同志社グリー、なにわコラリアーズの質の高い演奏がジョバンニからリリースされたのはうれしいことだ。

 いずれの曲目も僕はすでに所有済みなので、買うかどうか迷ったが、やはり演奏者が日本トップクラスの合唱団によるものなだけに、買って損はない。

 このディスクの中の『中勘助の詩から』は指揮者の伊東恵司氏が同志社グリーの学生指揮者だったときの演奏。この後に演奏されるなにわコラリアーズと比べると非常に若々しさを感じる演奏だ。『中勘助の詩から』で比べるのであれば、僕はビクター盤の方が好きな演奏である(終曲のソロが一番曲に合っていると思う)。

 『東京景物詩』『雪と花火』はなにわコラリアーズによるライブ録音だが、いずれも大人びた演奏。「音取りは簡単だが、歌いこなすのは難しい」とよく言われる多田武彦作品をこれほど深く演奏できる合唱団はそうはないと思われる。

 タダタケファンであれば必携のディスクの1枚であることは間違いない。


 私のおすすめ:
雪と花火 多田武彦 男声合唱作品集 [邦人合唱曲選集]

スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。