2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・「十字架上の七つの言葉」より(Schutz)
・「合奏協奏曲」より(Handel)
・モテット「イエスはわが喜び」より(J. S. Bach)
ほか

演奏
指揮:当間修一
オーケストラ:アンサンブル・シュッツ
合唱:大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団

詳しくはこちら


 いまやすっかりおなじみとなったと思われる、大阪コレギウム・ムジクムの1991年から1995年までの軌跡を収録したディスクだ。まさにこの音楽集団の入門編ともいえる1枚だろう。

 このディスクには当時なかなか手に入りにくかった、木下牧子の男声合唱曲「サッカーに寄せて」が収録されているのが、個人的には非常にうれしい。演奏もスマートなものになっている。この曲に関して言えばもう少しくだけた感じがあってもいいのかもしれない。

 ほとんどが抜粋の演奏なので、できることなら全曲聞いてみたいものが多い。また、個々の演奏はすばらしいのだが、この合唱団はやっぱりアカペラで聞くのがベストだろうと思う。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。