2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・「あいたくて」(女声)
・「子猫物語」(混声)
・「鳥のために」(混声)
・「風の夏」(混声)

演奏
指揮:松下耕、大谷研二、樋本英一、八尋和美
合唱:女声合唱団ANGELICA、東京混声合唱団

詳しくはこちら


 音楽之友社のセット物「21世紀の合唱名曲選」の中の一枚。現在、若い人を中心に人気のある作曲家の一人である、松下耕の作品集だ。このうち、「子猫物語」と「風の夏」はこれまで一部だけしか音源を所有していなかったので、このディスクを入手できたのはうれしい。ただ、2曲とも楽譜は持っていない。。。

 この中の「鳥のために」はアカペラで30分近くかかる大曲だ。アカペラで30分近くかかる組曲というのは珍しいのだそうで、僕の記憶では千原英喜氏の男声合唱曲「東海道中膝栗毛」が同じくらいの規模の合唱曲だ。「鳥のために」の演奏はこの他に豊中混声合唱団によるライブ録音を所有しているが、やはりライブ盤の方が、熱気を感じられる。

 松下作品はもう何枚もCD化されているし、楽譜も数多く出版されている。これだけ人気のある作曲家なので、是非とも耕友会合唱団あたりに全集としてCDを出してほしいものだ。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。