2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『星翠譜』(女声)
・『ひみつ』(混声)
・『ハレー彗星独白』(男声)
・『宇宙の果物』(混声)
・『宇宙の果物』(女声)より

演奏
指揮:藤井宏樹、大谷研二
合唱:女声アンサンブルJuri、合唱団ゆうか、東京混声合唱団、早稲田大学グリークラブ


詳しくはこちら


 楽譜出版社の大手・音楽之友社創立60周年の企画によりセット販売された「21世紀の合唱名曲選」。CD26枚、楽譜31冊、ガイドブック1冊から成り、価格も20万近くする代物だ。僕にとってはあまりに高価であるため、手が出なかったが、昨年ヤマハ銀座店へ行ったときにたまたまばら売りされていたのを発見し、張り切って買ったCDのひとつがこの「鈴木輝昭 作品集」である。

 買った目的はやはり作曲者本人の最初の男声合唱組曲である『ハレー彗星独白』がメインだ。この曲は早稲田大学グリークラブの委嘱作品であるが、このCDでは東京混声合唱団との合同での録音となっている。僕はこの曲が結構好きな方で、第48回四連で演奏された早稲田大学グリークラブのライブ音源や甍会の演奏を何度も聴いている。そのせいか、このディスクではライブ音源で感じられた“熱さ”が伝わってこないきわめて安全運転な演奏に感じられる。自分にとっては、先に挙げた音源の方が魅力的だ。

 そのほかにも混声、女声ともによくコンクールなどで取り上げられている『宇宙の果物』や自分の中ではお気に入りの曲のひとつでもある、『ひみつ』も収録されているのがうれしい。特に『ひみつ』は自分が学生時代のときに、札幌北高等学校が演奏していたのが非常に印象深い。

 このディスクはセット物の分売だけあって、ジャケットには解説もなにもない。その辺はやはりガイドブックに記載されているのだろうけど、やはり20万は手が出ない…。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。