2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・「De profundis」(Madetoja)
・「Venematka」(Sibelius)
・「Incantatio maris aestuosi」(Tormis)
ほか

演奏
指揮:松原千振
合唱:東海メールクワイアー

詳しくはこちら


 北欧の合唱曲を数多く日本に紹介している松原千振氏の解説・指揮によるレクチャーコンサートの模様を収録したCD。北欧の聖歌集「ピエ カンツィオーネス」やグレゴリオ聖歌も演奏しており、タイトルどおりまさに「源流を探る」という感じだ。

 松原氏の解説はわかりやすく、東海メールの演奏も悪くない。フィンランド、エストニアといった地域の合唱曲は言葉の問題もあり、とっつきにくいイメージがあるが、そういった問題への入門書(CDというべきか?)としてこのCDはうってつけだと思う。

 ただ演奏曲目のなかにやたらとトルミスの作品が多いのが少し気になるが、その辺は松原氏の好みかもしれない。でも僕はトルミスの作品は好きなので、そのことはさほど問題でもないのだが…。


 私のおすすめ:
松原千振の指揮・解説による フィン・ウゴル合唱音楽の源流を探る...

スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。