2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『追分節考』
・『宇宙について』
・『冬の歌』

演奏
指揮:当間修一
合唱:大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団、大阪コレギウム・ムジクム合唱団

詳しくはこちら


 シュッツ合唱団が柴田南雄作品集を3枚にわたってリリースし、それが完売した後にジョバンニ・レコードから再発売されたもので、このディスクはその2枚目に当たる。

 『追分節考』以降の柴田作品はほとんどが、シアターピース形式によるもので演奏者がホールを歌いながら歩き回ったり、指揮者のその場の判断で様々な形態に変わったりするため、ひとつとして同じ演奏は存在しない。それを録音として残すことがいいか悪いかの判断は別として、こうした曲を録音として聞くことはその作品の魅力を十分に感じ取る事はできない…はずである(実際に僕はシアターピース形式の音楽をホールで経験したことがないので断定はできない)。

 それでもこのCDを買ったきっかけはやはりこの合唱団の技術がものすごいからだ。実際に演奏会も見たし、見ることができるのであれば、何度でも足を運びたいと思う合唱団のひとつだ。このCDでもそうした技術は十分に発揮されている。

 このCDはシュッツ合唱団のコアなファンか、柴田作品を少しでも感じ取りたい方にうってつけなCDではないかと思う。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。