2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『野分』
・『戦旅』
・『典礼聖歌』より
・『心の四季』(須賀敬一・編)

演奏
指揮:須賀敬一
合唱:東海メールクワイアー

詳しくはこちら


 東海メールクワイアーの演奏活動はとてもアマチュア合唱団とは思えないほど幅広い。東海メールクワイアーは間違いなく日本の男声合唱界にとって大きな影響を与えているだろう。一般発売のCDリリースはこれが3枚目。この合唱団の今の活躍にもっとも大きな影響を与えたと思われる作曲家・高田三郎の曲のみによるディスクだ。まぁ、第1弾である3枚組のものを買ってしまえば基本的には十分なのだが、このディスクには『水のいのち』と並ぶ高田作品の代表作である『心の四季』が収録されているのが、大きなポイントであるだろう。

 『心の四季』の男声版は作曲者本人によるものではなく、弟子(?)である須賀敬一氏によるもの。実はそれ以前に今井邦男氏編曲による男声版が存在する。この今井版もたびたび演奏されていたようだが、今回の須賀版は楽譜も出版されているため、今後はこちらが主流となっていくだろう。余談だが、今井版の初演のときは1曲目の途中で地震が起きて会場がざわついたものの、中断することなくそのまま最後まで演奏した。当時の心境がどうだったものかはわからないが、演奏する側も聞く側も気が気でなかっただろう。

 このディスクの演奏も、「高田三郎+須賀敬一+東海メールクワイアー」という図式が成り立っているかのような円熟したものを感じさせる。是非とも、この組み合わせで高田作品のすべてを網羅してほしいものだ。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。