2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『木とともに 人とともに』
・『やさしさは愛じゃない』
・『嫁ぐ娘に』

演奏
指揮:長谷順二、辻正行
合唱:合唱団ノース・エコー、静岡大学混声合唱団

詳しくはこちら


 『嫁ぐ娘に』はすでにビクターから出ている東京混声合唱団の録音があるが、こちらは大学生による演奏。コンクール全国大会でも金賞を数多く受賞する実力派団体だ。このディスクでは辻正行のタクトのもとで、大学生とは感じられない演奏をしていると思う。

 『木とともに 人とともに』は僕個人として、是非とも所有したい音源のひとつであった。コンクールのCDで同志社混声合唱団こまくさがこの曲集の終曲「生きる」を演奏していたのだが、その旋律が非常に耳に残るもので、これは是非全曲聞きたいと思っていたときに出たのがこのディスクだったのである。この「生きる」だけでもじっくり聞いておきたい。

 『やさしさは愛じゃない』は、最近コンクールでよく自由曲に取り上げられるものの、セット物の音源でしか全曲録音が手に入らなかった。そういう意味でこのディスクはかなりおいしいと思う。本当にジョバンニさんの聴き手の的を射たかのようなCDのラインナップには頭が下がる。

 この合唱団ノース・エコーもまたコンクール全国大会で毎年のように金賞を受賞しており、まさしく日本を代表する合唱団のひとつになっていると思う。こういう合唱団にはもっと多数の録音を残して欲しいものだ。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。