2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『歌垣』
・『人間と死』

演奏
指揮:当間修一
合唱:大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団、大阪コレギウム・ムジクム合唱団

詳しくはこちら


 当間修一率いる大阪のこの合唱団は常にハイレベルな演奏をしてくれる。ただ、この一連の柴田作品はシアターピース形式によるものなので、CDで聞く分にはどうしてもライブの感覚が伝わってこない。僕自身シアターピース形式の演奏には触れたことはないが、天井から音が降ってくる感覚というのは客席にいないとわからないものであろう。

 『歌垣』は男女の恋を歌ったもの。『人間と死』は柴田作品の集大成とも言える作品だ。柴田作品はなかなか手が出ずらいし、これくらいのハイレベルの演奏によるCDが出てしまうと取り上げようとすら思わなくなるかもしれないので、今後柴田作品の演奏機会があるのであれば積極的に足を運びたいものだ。

 とはいえ、今の僕にはそんな暇はないのだが…。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。