2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『恋のない日』
・『Enfance finie』

演奏
指揮:片桐真
合唱:SINGERSなも

詳しくはこちら


 「かゆいところに手が届く」というのはこういうことを言うのだろうか。このディスクに収録されている2曲は楽譜も出版され、演奏頻度も割りと高い(と思っているが)。が、一般発売された音源はこれまでになく、まさにこのディスクは「かゆいところに手が届いた」CDなのだ。ジョバンニさんには感謝感謝である。

 『恋のない日』は木下牧子の最初のオリジナルなアカペラ男声の作品だが、譜面を見る限り、音取りは結構大変そうだ。僕が大学4年のときにこの曲が選曲委員会の最終候補にまで残ったことがある。結局最後は僕の独断で別の作品になったわけだが、翌年後輩達がこの曲を定演で歌っていた。

 『Enfance finie』はピアノ伴奏つきの曲だが、僕はこの曲が結構お気に入りである。『恋のない日』よりは音取りが容易かと思う。この曲もまた僕が大学2年のときの選曲委員会で最終候補まで残ったわけだが、そのときは僅差で別の曲になってしまった。こうなると、僕は木下作品には恵まれていないのかもしれない。

 演奏者のSINGERSなもは南山大学メールクワイアーのOBが中心となった団。演奏会のCDはいくつか所有しているが、ジャケットにあるとおり「合唱経験のない聴衆も楽しめる演奏会」となっていると思う。僕個人の感想だが、もう少し明るい音色がほしいなといつも思う。とはいえ、このCDは十分参考音源になるいい演奏であることには間違いない。次回は是非、難曲『真夜中』にも挑戦してほしいものだ。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。