2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『日本民謡による三つの男声合唱曲』より(石井歓)
・『花之伝言』(石井歓)
・「委嘱作品集」から(大中恩)
・『走れわが心』(大中恩)
・『夜の青空』(大中恩)
・『喜怒哀楽』(三木稔)
・『レクイエム』(三木稔)
・『日本歌曲合唱曲集』より(三木稔)
・『野分』より(高田三郎)
・『ひたすらな道』(高田三郎)
・『水のいのち』より(高田三郎)
・『典礼聖歌』より(高田三郎)
・『あしたうまれる』より(新実徳英)
・『やさしい魚』(新実徳英)
・『因陀羅』(新実徳英)

演奏
指揮:石井歓、大中恩、松原千振、須賀敬一、三木稔、高田三郎、新実徳英、飯沼京子
合唱:東海メールクワイアー

詳しくはこちら


 東海メールクワイアーが1990年から行った、「作曲家自作自演シリーズ演奏会」からの演奏を選んで3枚組のCDとして発売されたもの。作曲家自身が指揮を行ったものもあり、演奏価値はかなり高い。また、なかなか演奏頻度の低いものや初演のものも多く、音源資料としてはかなり貴重なものだろう。

 僕個人として嬉しかったのは、、『走れわが心』『夜の青空』『喜怒哀楽』が収録されていることだ。特に『夜の青空』は北大合唱団が演奏したのを聞いたことがあるくらいであったが、このCDでそのときの演奏を多少は思い出すことができた。この曲は楽譜も出版されているので、今後演奏頻度が増えることを期待したい。このことは石井歓の作品についても言えるだろう。

 ただ、『走れわが心』『喜怒哀楽』『因陀羅』については楽譜が出版されておらず、演奏頻度はそれほど増えないだろう。『喜怒哀楽』についてはBCAにて入手可能だが、邦楽器を用いるので演奏はかなり困難かもしれない。

 新実作品については同演奏会のCDを持っているのでそちらで詳しく述べたいと思う。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。