2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『水のいのち』
・『季節と足跡』から
・『ひたすらな道』
・『わたしの願い』
・『この地上』
・『橋上の人』
・『啄木短歌集』
・『心の四季』から
・『野分』から
・『内なる遠さ』から
・『戦旅』
・『ヨハネによる福音』から
・『イザヤの預言』
・『典礼聖歌集』から

演奏
指揮:高田三郎、須賀敬一、阿部昌司、鈴木茂明
合唱:東海メールクワイアー

詳しくはこちら


 ジョバンニは岐阜県にあるクラシックCDの専門店であるが、最近はCDのリリースにも力を入れており、そのペースは脅威的だ。またリリースされるCDも男声、女声、混声ともにバランスよく、しかも聴き手のニーズにあった曲が多い。

 この「高田三郎 男声合唱作品集」はその第1弾として、東海メールクワイアーの約10年間の演奏を凝縮したようなCDで3枚組である。『水のいのち』を初めとする名作から、なかなか演奏されない曲まで幅広く、男声合唱による高田作品をほぼ網羅できるのは嬉しい。

 とはいえ、僕は高田作品はどちらかと言えば好きな方ではない。詩が重ければ、曲も重い。ましてや僕はクリスチャンではないので、高田作品の崇高さはまだまだ理解できる境地には達していない。ただ実演に触れるたびに何かしら魅力を感じるのは、少しずつではあるがその境地に近づいているのだろうか。

 個人的にはこのディスクで『わたしの願い』がCD化されたことが嬉しい。この曲は短期間で男声、混声、女声を生演奏で聞いたので、かなり印象に残っており、長らくCD化を待ち望んでいたものだ。

 たださすがに3枚を通して聞くのはかなりきつい。高田作品を男声合唱界に浸透させた感じがある東海メールクワイアーの活動には賛辞を送りたい。

 
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。