2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『お天道様・ねこ・プラタナス・ぼく』(芥川也寸志)
・『芭蕉の俳句によるプロジェクション』(湯浅譲二)
・『道行』(高橋悠治)
・『暁の讃歌』(松村禎三)

演奏
指揮:八尋和美、田中信昭
合唱:東京混声合唱団

詳しくはこちら


 このCDを買ったのは『芭蕉の俳句によるプロジェクション』に男声合唱が含まれていることが最大の動機である。10曲から成るこの曲に含まれる男声合唱は1曲のみだが、レパートリー不足と言われる男声合唱界において、ごく稀に歌われているようだ(僕も実際にその演奏を聞いて、この曲集の中に男声合唱が含まれていることを知ったわけだが)。

 『芭蕉の俳句によるプロジェクション』は昔の『ハーモニー』(全日本合唱連盟の季刊誌)で松原千振氏がもっとも気に入っている曲のひとつだと言っていた(この曲をやる合唱団があるのならどこへでも行くのだそうだ)。僕は実際聞いてもよくわからなかったけれども。。。

 現代合唱曲選集というだけあって、他の曲もよくわからないものが多いし、演奏機会もほとんどないように思われる。ただ、今のアマチュア合唱団はレベルが上がっている感じがするので、こういう曲にも挑戦していってほしいものだ。ただ、演奏するには相当の勇気が必要となるが。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。