2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『詩の歌』(混声)
・『クレーの絵本 第1集』(混声四部)
・『地球へのバラード』

演奏
指揮:栗山文昭
合唱:グルーポ・ボーカル・デ・トキオ、コーロ・カロス、合唱団OMP

詳しくはこちら


 三善晃の混声合唱曲の代表とも言える2曲『クレーの絵本 第1集』『地球へのバラード』が収録されている。『クレーの絵本 第1集』では合唱祭か何かで、どこかの団体が何曲か歌っていたが、ギターを使っている印象しかなかった。だが、このディスクを聞くことでこの曲が好きになった。特に終曲は歌っている方はさぞかし気持ちがいいのではないだろうか。このディスクもそうした充実感を感じることができると思う。

 『地球へのバラード』はこのディスクを買う以前に、札幌のコール・アイオーンがジョイントコンサートで抜粋を、その年の定期演奏会で全曲を演奏していた。僕はその定演で初めて全曲を聞いたわけだが、非常にいい演奏であった。全曲録音がほしいと思っていたころにこのディスクが出た。このディスクも『クレー』同様、充実感あふれる演奏だ。

 『詩の歌』は僕が札幌混声合唱団に在籍していたころに演奏会のアンコールで1曲目「コスモスのうた」を歌った。とにかく「好き好き~」と歌うので、一部団員は「一休さんの歌だ」と言っていたが…。このディスクの演奏は悪くないのだが、やはり前述の『クレーの絵本』『地球へのバラード』と比べると少し見劣りがする。ただ、それを考慮したとしてもこのディスクは一聴の価値があるだろう。栗山文昭の合唱団はやはり相当な実力を感じさせる。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。