2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『光のとおりみち』より
・『四つの秋の歌』より
・『三つの抒情』
・『三つの夜想』

演奏
指揮:田中信昭
合唱:東京混声合唱団

詳しくはこちら


 このディスクは何よりもまず、『三つの抒情』を聞きたいために買った。でも僕がこの曲を知ったのは実は、福永陽一郎が編曲した男声版が初なのだ。僕が学園グリーに入る前年度の定演で、先輩達がこの曲を取り上げていたのを録音やビデオで何度か見たが、この『三つの抒情』の印象はかなり大きかった(このときの演奏にはいろいろとエピソードを聞いているがここでは割愛させていただく)。そして、僕がこの曲は女声合唱の名曲だと知るのもかなり後のことなのだ。

 僕は次第にこの曲の魅力に引き込まれていったのだが、何度聞いてもいい曲だなと思う。女声合唱でこの東混の演奏以外にも2つ音源があるというのは、僕にとっては珍しいことなのだ(笑 

 さて、このディスクであるが、歌いまわしなんかはさすが東混と思わせる演奏だ。ただ、もっと声に透明感がほしいと感じた。とはいえ、日本合唱界で1,2を争う名ピアニストとも言われる、田中瑤子氏のピアノを聴けるだけでもこのディスクを聞く価値があるのではなかろうか。

 このディスクの他の演目は正直あまり印象が薄い。ただ、『光のとおりみち』からの数曲は僕が大学時代に札幌大谷短期大学輪声会が演奏していたが、僕にはそちらの方がいい演奏に思えた。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。