2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『動物詩集』(混声)
・『遊星ひとつ』
・『縄文連祷』
・『海』

演奏
指揮:栗山文昭
合唱:栗友会

詳しくはこちら


 栗山文昭が音楽監督兼常任指揮者を務めるすべての合唱団が集まり、しかも三善晃の作品ばかりを演奏したというある意味伝説とも呼べるライブ録音だ。栗友会の各合唱団は現在はコンクールに出場していなが、その活動は今も精力的に行われているようだ。

 僕は、以前千葉大学合唱団が北海道で開いた演奏会を見に行ったことがある。栗山文昭氏の見事な指揮ぶりに圧巻された記憶がある。

 さて、このディスクであるが、購入の動機はやはり男声合唱曲の『遊星ひとつ』が収録されていることである。この男声合唱とピアノ(四手)のための作品は、僕のお気に入りの作品のひとつだ。このディスクの演奏もそのライブ独特の熱気が伝わってきてすごい。コンクールでもよく取り上げられる作品だ。

 その他の作品は混声だが、すべてよい演奏。ライブならではの傷もあるが、十分鑑賞できる。三善作品のすごいところは、聞いた感じでは割と簡単にできそうな感じがするけれども、実際に譜面を見るとかなり難しく奥の深さがある。

 『動物詩集』はこのディスクの混声版のほかに女声版もある。僕は混声版よりも女声版の方が好きだ。『縄文連祷』はかなり難しい作品。演奏機会はあまり多くない(というかほとんどないようにも感じられる)。『海』はなんとか、コンクールの自由曲の制限時間範囲内におさまるので、まだ演奏機会は多いようだ。が、制限時間オーバーの危険性も高い(栗山氏指揮の団体が失格になったことがある)。

 このディスクは演奏するしないは別として、持っておいて損はない。三善作品の魅力を十分に堪能できると思う。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。