2017 / 06
<< 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『幼年連祷』(混声)
・『常世から』
・『祈りの虹』(男声)

演奏
指揮:関屋晋、藤井宏樹、畑中良輔
合唱:松原混声合唱団、山梨大学合唱団、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団

詳しくはこちら


 合唱ファンであれば、是非とも持っておきたいCDではないだろうか。新実作品のなかでは人気がある『幼年連祷』、比較的前衛的な『常世から』、男声合唱の名曲『祈りの虹』と中身はかなりヘビーだし、演奏者も申し分ない。

 『幼年連祷』は名曲だが、僕はこのディスクでしか聞いたことがない。が、やはり関屋氏の振る邦人曲は安心して聞けるスタンダードな演奏だと思う。

 『常世から』は正直聞いていても、譜面を見てもよくわからない作品だ。でも、こうした曲を大学の合唱団がさらりとやってのけてしまうのだから、すごいものだ。

 『祈りの虹』は男声合唱の名曲のひとつだ。混声版も存在するが、僕はやはり男声版を推したい。そして、これからも歌い継いでいきたい曲のひとつでもあるだろう。コンクールなどでこの組曲の終曲「ヒロシマにかける虹」が頻繁に演奏されているが、1~3曲目があってこの曲の存在価値があると僕は思っているので、「ヒロシマにかける虹」のみの単独演奏はたとえうまく歌ったとしても腑に落ちない。

 このディスクの録音はワグネルの定期演奏会のライブ録音ということで、緊張感も十分伝わってくるところがうれしい。ただ、僕は大学時代にM先輩からもらった早稲田グリーの演奏の方が衝撃的だった(初めて聞いた音源だからかもしれないが…)。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。