2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『優しき歌・第二』(混声)
・『三つの無伴奏混声合唱曲』
・『三つの女声合唱曲』
・『二つの混声合唱曲』
・『三つの無伴奏男声合唱曲』

演奏
指揮:田中信昭
合唱:東京混声合唱団

詳しくはこちら


 柴田南雄と言えば、『追分節考』を初めとするシアターピースの作品群が有名となっているが、このCDに収録されている初期の作品群も柴田作品を語る上では見逃せない。
 このCDを買ったきっかけはやはり男声合唱曲が収録されていることである。『三つの無伴奏男声合唱曲』の2曲目が数年前コンクールの課題曲となったが、全曲演奏したというのは最近はあまり聞かない。

 このCDで一番耳にするのはやはり『三つの無伴奏混声合唱曲』であろうか。旋律が美しく、ハーモニーもよい。柴田作品の中では割ととっつきやすいのではないだろうか。また、この曲は田中信昭氏の編曲による男声版も存在する。興味のある団は是非、挑戦してみてほしいものだ。ただ、楽譜が出版されていないので、入手は困難ではあるが…。

 このCD自体、録音が古いため今の発声に耳慣れた私にとっては、あんまりいい声でない感じがする。今の東京混声合唱団がこの曲を演奏したとしたら、かなり違った曲想になるのではなかろうか。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。