2017 / 10
<< 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『花に寄せて』(新実徳英)
・『カムイの森で』(廣瀬量平)
・『ティオの夜の旅』(木下牧子)

演奏
指揮:関屋晋、宍戸悟郎
ピアノ:土屋律子、高岡立子
合唱:松原混声合唱団、札幌放送合唱団、湘南市民コール

詳しくはこちら


 男声合唱を中心にCDを買っていたので、この混声合唱のみのCDを買うということは当時としては珍しいかもしれない。たぶん今はそうでないと本人は思っているが…。今ははっきりと覚えていないが、このCDを買った動機は、「すべて男声版が存在する」ということだったような気がする。

『花に寄せて』
 新実徳英の合唱曲では『祈りの虹』が一番好きなのだが、この『花に寄せて』も好きな曲のひとつだ。この曲は、混声、女声、男声とすべての形態が揃っていて、いずれもCDを持っているのだが、どの形態でも、終曲「ばら・きく・なずな」の旋律には涙してしまう。通勤中には聞きたくない曲であるのだ(爆

『カムイの森で』
 廣瀬量平というとどうしても『海鳥の詩』や「海はなかった」、男声合唱で言えば『五つのラメント』といったところが連想されてしまうけど、この『カムイの森で』もなかなか迫力のある曲であると思う。が、終曲のソロの部分が、この曲を取り上げずらくする原因のひとつらしい(CDジャケットより)。ちなみに、この曲は遠藤雅夫氏の編曲による男声合唱版が存在する。こちらは楽譜が出回っていないので、さらに取り上げずらいだろう。。。

『ティオの夜の旅』
 『方舟』と並ぶ木下牧子の代表作のひとつ。僕がこの曲を初めて聞いたのは大学1年のときに北大合唱団が演奏していた男声版であった。その後、このCDに出会い、この曲が好きになった。とはいえ、どうしても演奏したいほど、はまったわけではないけども…。それから数年後、僕はこの曲を大阪ハインリッヒ・シュッツの演奏で会場で聞き、この曲のよさを再認識したところである。

 このディスクについての感想がまったく書かれていないが、どの演奏も落ち着いて聞けるいい演奏であると思う。邦人合唱曲の演奏に定評のあった関屋晋氏が今はもういないことは非常に残念なことである。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。