2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『東京景物詩』(多田武彦)
・『吹雪の街を』(多田武彦)
・『若しもかの星に』(多田武彦)
ほか

演奏
指揮:畑中良輔、北村協一
合唱:慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、メンネルコール広友会

詳しくはこちら


 メンネルコール広友会の存在をこのCDで初めて知った。前出のコール・セコインデとともに、いい響きの出る男声合唱団だと思う。でも、最近は指導陣が変わり、また違った響きを持つ合唱団となっているようだ。

『東京景物詩』
 僕の中ではあまりインパクトの強い曲ではないし、演奏会でもあんまり取り上げられない。僕の学生時代に小樽商大が演奏していた。

『吹雪の街を』
 この曲は逆によく取り上げられているようである。前出の小樽商大グリークラブの委嘱作品。小樽商大の定期演奏会の終わりはこの組曲の終曲「吹雪の街を」で締めくくっている(今はどうかわからないが)。

『若しもかの星に』
 いい曲が結構入っているが、2曲目と4曲目に長いソロが入っていることで、あんまり演奏されないのかなという感じがする。

 この他に2曲収録されており、『樅の木の歌』『追憶の窓』からそれぞれ1曲ずつ入っているのだが、いずれの2つの組曲もなかなか全曲演奏される機会が少ない。『追憶の窓』の「雨後」はなぜかこの曲だけ頻繁に取り上げられる。

 このディスクはいいのだけど、選曲がやっぱり地味かなと思う。が、タダタケファンには必須アイテムのひとつであることに間違いはない。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。