2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『草野心平の詩から』(多田武彦)
・『雪国にて』(多田武彦)
・『雪と花火』(多田武彦)
・『三崎のうた』(多田武彦)
・「わが窓に」(多田武彦)

演奏
指揮:畑中良輔、北村協一
合唱:慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、関西学院グリークラブ、コール・セコインデ

詳しくはこちら


『草野心平の詩から』
この曲についてはすでに紹介してあるので、詳しくは記載しないが、このディスクでは改訂版の演奏が収録されている。といっても、この後この曲はさらに改訂されている。

『雪国にて』
ソロを多用しているのが魅力の曲。僕は2曲目の「或る誕生」を学園グリーのカルテット大会で歌い、優勝したことがある(あんまり自慢にはならないけど)。

『雪と花火』
僕の中では地味な曲という印象が強い。とはいえ、この曲を繊細に歌うのはかなり労力を要すかと思う。

『三崎のうた』
この演奏を聞いて僕はこの曲にすっかりはまってしまった。指揮をしてみたかったものの、楽譜が出回っておらず、メロス楽譜から出版されたのはもうかなり熱が冷めたあとであった。せめて1曲だけでもということで、終曲「鮪組」をカルテット大会の余興で歌った。数年後、後輩達がグリーフェスティバルの合同ステージでこの曲を取り上げている。

「わが窓に」
男声合唱組曲『航海詩集』の中の1曲。『航海詩集』は実は選曲で悩んでいる合唱団に是非おすすめしたい組曲なのだ。とはいっても、楽譜は出版されていないし、音源も出回っていないため、取り上げる団体は現在のところ皆無に近い。せめて楽譜が出版されることを祈るしかないのであろうか。

 このディスクの魅力のひとつは、ジャケットの解説に作曲者本人のものと、「なまずの孫」でおなじみの深沢眞二氏のものがあることだろう。タダタケファンにはたまらない1枚であることに間違いはない。
 
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。