2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『尾崎喜八の詩から』(多田武彦)
・『北陸にて』(多田武彦)
・『水墨集』(多田武彦)

演奏
指揮:北村協一
合唱:関西学院グリークラブ、同志社グリークラブ、関西大学グリークラブ

詳しくはこちら

 これもまた多田武彦ファン必携のディスクだ。とはいえ、『尾崎喜八の詩から』以外はあんまり演奏されていないようだ。

 『尾崎喜八の詩から』
 多田武彦の作品の中でも割と人気があるのではないだろうか。あちこちで演奏されているようだ。しかし、このディスクの出来がよすぎているので、これ以上の演奏も新しい解釈も出てこないのが現状である。

 『北陸にて』
 楽譜が絶版の状態が長らく続いており、名曲と言われながらもあんまり日の目をみなかった組曲だと思う。最近、ようやく楽譜が再出版されたので、是非いろいろな団に取り組んで欲しいものです。時間も組曲の構成もちょうどよいし、特に終曲なんかは決まれば、聞いている方も歌っている方も気持ちいいのではと思う。このディスクの演奏は僕のお気に入りのひとつだ。

 『水墨集』
 多田武彦作品の中では割と地味なイメージが僕にはある。ソロはないものの、8曲もあるのでなかなか手が出ない組曲なのだろうか、あまり演奏されているという声を聞かない。このディスクの演奏も悪くないんだけれども…。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。