2017 / 08
<< 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲目
・『枯木と太陽の歌』(石井歓)
・『五つの学生の歌』(石井歓)
・『青い照明』より「普香天子」(清水脩)
・『大手拓次の三つの詩』より「しろい火の姿」(清水脩)
・『三つの俗歌』より「無宿者の歌」(清水脩)
・「河童昇天」(石河清)

演奏
指揮:福永陽一郎
合唱:日本アカデミー合唱団、早稲田大学グリークラブ
ピアノ:三浦洋一

詳しくはこちら

 『枯木と太陽の歌』といえば、石井歓の代表作のひとつだ。ちなみに混声は『風紋』がある。『枯木と太陽の歌』はドイツ語版が海外で出版されており、向こうでも演奏されているらしい。一度聴いてみたいものである。ちなみに楽譜はパナムジカを通じて入手可能である。

 この曲はどの演奏を聞いてもどっしりとした重量感がある感じがするし、名曲であると思う。余談ではあるが、私の学生時代の後輩がこの曲を歌いたがっていた(残念ながら、実現には至らなかったが)。

 演奏についてだが、このディスクについてはあんまりうまくない。男声合唱団甍が歌っているCD(日本合唱曲全集)で十分かと思う。

 『五つの学生の歌』はもうほとんど歌われないだろう。楽譜も出版されていないし(ただ「2.雨の日曜日」だけはカワイ出版で入手可能。今はもう受注生産かもしれないが。)、歌詞の内容を見ても、今の学生には合ってない感じがする。このCDの演奏もいかにもおじさんの声で「われら若人~」と歌われてもあんまり説得力がない。

 その他に清水脩の曲から3曲だが、『青い照明』は僕の少し上の先輩が定演とかジョイントコンサートで歌っていたので、割と親しみのある組曲である。組曲として見るとよくまとまっていると思う。終曲の「高原」は結構好きです。ただ、こちらも楽譜の入手は困難なので、今ではほとんど歌われていないと思う。この組曲を埋もれさすのは非常に惜しい事だと思う。せめて、このディスクだけでも全曲収録してほしかった。

 「しろい火の姿」「無宿者の歌」もともに全曲収録して欲しかった。『大手拓次の三つの詩』は未だに全曲をちゃんと聴いたことがない気がする。

 「河童昇天」は昔のコンクール課題曲だったそうだ。楽譜は「グリークラブアルバム」に収録されている。この早稲田の演奏はじゅうぶん模範となるはずだ。
スポンサーサイト

この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。