2017 / 11
<< 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日時:2011年8月14日(日)14:00開演
場所:杉並公会堂 大ホール

指揮:山脇卓也、村田雅之
ピアノ:須永真美、村田雅之

猛暑の中、行ってきました。杉並公会堂は以前、甍演奏会を見に行ったとき以来2回目。お江戸コラリアーずの演奏を生で聞くのは初めてでした。客席も大体埋まっていたように思います。

【オープニング】
「Cantate Domino in B♭」(作曲 松下耕)

 今年の東京六連で作曲者指揮で演奏されていた曲。曲想にあったやわらかい響きが印象的でした。


【1st Stage】
「バルトからの贈り物」

 バルト三国の合唱曲から3曲を演奏。私の不勉強故、全体的によくわかりませんでしたが、2曲目の「生れなかった朝」はいい曲だと思いました。


【2nd Stage】
男声合唱組曲『青いメッセージ』(作曲 高嶋みどり)

 この間の東西四連でも関西学院グリークラブが歌っていました。横浜に来て以来、この曲を聞く機会が多いですね。この曲に関しては、CD等を含めて何十回と聞いているので、どうしても何か新しいものを期待したりしてしまいますが、お江戸の演奏はいたってオーソドックスなものでした。「サリム自伝」はもう少し心をえぐるような演奏をするともっとよかったかも。しかし、「ごぶらっふの独白」はブラボーでした。


【3rd Stage】
『東京だよ、おっかさん!」(編曲 宇田川安明)

 1997年の東京六連で早稲田大学グリークラブが演奏した曲。東京にまつわるポピュラーソングを男声合唱にアレンジしたもの。演出付きで非常に楽しいステージでした。自分も何年も故郷を離れていることと、なんとなく重なってしまい、思わず涙が出てしまうほど。団員も心から演奏を楽しんでいるのが、ビンビン伝わってきました。


【4th Stage』
『Samann-種を蒔く人-』男声合唱とピアノのために (作曲 信長貴富)委嘱初演

 近頃あまり見なくなったような気がする「すさまじい作品」でした。感じとしては、北欧の合唱曲っぽい始まりで、荻久保っぽい中盤、新実っぽい終わり方(と書くのはかなりざっくりしてますが…)。是非、ワセグリにも取り上げてほしい一曲です。


【アンコール】
曲名がよく聞き取れませんでしたが、「種を蒔く人」と対をなすような信長氏の新曲。明るい曲想で歌詞も面白かったです。いつかは歌ってみたいですね。

最後は被災地・宮城への祈りをこめて「斎太郎節」。どことなくワセグリっぽい。


全体としてはとてもすばらしい演奏会でした。男声合唱をさらに好きになった気がしますし、あの中で歌ってみたいという気にさせてくれました。来年も行きます!
スポンサーサイト

[ご来場ありがとうございます!]
eisho@おえこら です。
本日はご来場ありがとうございます!

年々ハードルが上がっている中、団員一同必死に取り組んだ結果が今日のステージでした。
お楽しみ頂けたのならとても嬉しく思います。

来年は是非中の人になって頂きたく。
お江戸コラリアーずは常に団員を募集しておりますw
[re:ご来場ありがとうございます!]
> eisho@おえこら さん
 コメントありがとうございました。本当にすばらしい演奏会でした。
 来年は中の人にとのことでしたが、今の状況では練習にもそれほど参加できないかも…。

 お江戸コラリアーずの今後の活躍を期待しています。
この記事へコメント:する















miz

Author:miz
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。